最新ニュース(50ページ目)

下水汚泥の肥料化、燃料化技術の研究施設が完成!省スペース、人件費削減化へ 画像
IT業務効率

下水汚泥の肥料化、燃料化技術の研究施設が完成!省スペース、人件費削減化へ

 日本下水道事業団(JS)が月島機械、サンエコサーマル、栃木県鹿沼市、鹿沼市農業公社と共同で鹿沼市黒川終末処理場(栃木県鹿沼市)内に整備していた「脱水乾燥システムによる下水汚泥の肥料化、燃料化技術実証事業」の実証研究施設 […]

東北新幹線レール交換本格着手、大宮~新白河間140kmを先行実施 画像
制度・ビジネスチャンス

東北新幹線レール交換本格着手、大宮~新白河間140kmを先行実施

 ◇工事費200億円・工期8年  JR東日本は東北新幹線のレール交換に本格着手する。先行して進める大宮支社管内の施工対象は大宮~新白河間の延長約140キロ。工期は約8年、工事費は約200億円を見込む。レール交換の主な作業 […]

音に関する問題解決へ! 技研音響実験棟の運用開始 画像
IT業務効率

音に関する問題解決へ! 技研音響実験棟の運用開始

 鴻池組は、茨城県つくば市の技術研究所に建設した音響実験棟の運用を1日に開始した。実験棟は、基礎実験や検証試験での使いやすさを考え、シンプルでコンパクトな構成とする一方、標準的な「残響室」や「無響室」に加え、実際の居住空 […]

グッドデザイン賞から考える、中小企業とデザインの緊密な関係 画像
制度・ビジネスチャンス

グッドデザイン賞から考える、中小企業とデザインの緊密な関係

脱下請けを目指す中小企業などが開発した独自ブランドの姿を、グッドデザイン賞で良く見かけるようになった。そこにある中小企業のモノづくりにおけるデザインの潮流を、アードディレクターでデザイナーの小関隆一氏が語る。

~HANJO女子~ 印象が一変、建設業界は女性でも活躍できる! 画像
人材

~HANJO女子~ 印象が一変、建設業界は女性でも活躍できる!

 大学では建築系を専攻し、主に都市計画について学んだが、就職活動を進める中で建機レンタルを担うアクティオを知り、入社を決めた。  入社4年目。国土交通省が進める建設現場の生産性向上策「i-Construction」に対応 […]

国交省が労務単価3.4%、技術者単価3.1%引き上げ、3月1日から適用 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省が労務単価3.4%、技術者単価3.1%引き上げ、3月1日から適用

 国土交通省は10日、公共事業の積算に使う新しい公共工事設計労務単価と設計業務委託等技術者単価を発表した。全職種・全国単純平均で労務単価は3・4%、技術者単価は3・1%それぞれ引き上げ、3月1日から適用する。石井啓一国交 […]

主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く 画像
制度・ビジネスチャンス

主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算が14日までに出そろった。業績の先行指標となる受注高(単体ベース)は16社が前年同期より増加。7社が通期見通しを上方修正した。通期予想に対する達成率も半数以上が7割を超えた。公 […]

富裕層インバウンドの法則その5 画像
インバウンド・地域活性

富裕層インバウンドの法則その5

最近購読しているメールマガジンに見入ってしまった言葉があったので今号でぜひ考え方として紹介してみたい。曰く、「顧客を創る顧客」を創るのが顧客視点の経営の本質である、と。

兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ 画像
インバウンド・地域活性

兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

 兵庫県は、1925(大正14)年の完成から90年以上が経過し、川の流れの阻害要因になっている国道2号加古川橋(加古川市)の架け替え事業に18年度着手する。昨年12月に地元住民らでつくる加古川市国道2号等整備促進協議会が […]

新橋、田村町地区の再開発、高さ150メートルの超高層ビルも 画像
インバウンド・地域活性

新橋、田村町地区の再開発、高さ150メートルの超高層ビルも

 東京都港区西新橋1丁目で延べ10万平方メートル超の複合施設の整備を計画している新橋田村町地区市街地再開発準備組合は、導入機能など施設計画の詳細を固めた。高さ約150メートルの超高層ビルに事務所や店舗、駐車場のほか、保育 […]

建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手 画像
人材

建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

 建設コンサルタント各社でワークライフバランス(WLB=仕事と家庭の調和)の実現に向けた各種制度の運用が広がり始めた。日刊建設工業新聞社が行った「採用・人材戦略に関するアンケート」によると、主要14社のすべてで今年中に女 […]

社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画 画像
人材

社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

HANJO HANJO「中小企業 社歌コンテスト」では、このたび大賞が決定しました。大賞に輝いたのは、クラブン株式会社(岡山県)の「クラブン(株)社歌ラップ」です。

国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

 国土交通省は電気通信工事に国家資格の「施工管理技士」を創設するため、技術検定制度の具体的な検討を始めた。技術検定の種目に電気通信工事を新設。既存種目と同様に1、2級を設け、学科と実地で試験を行う。電気通信主任技術者(総 […]

建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明 画像
人材

建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

 建設業の2016年の実労働時間(月平均)が製造業よりも8・5時間長かったことが、厚生労働省が6日発表した毎月勤労統計調査(16年速報値)で明らかになった。出勤日数も製造業と比べて1・5日多く、実労働時間に格差が付く要因 […]

地方の工事減少深刻-10年で出来高4割減も、東京一極集中が強まる 画像
制度・ビジネスチャンス

地方の工事減少深刻-10年で出来高4割減も、東京一極集中が強まる

 地方の建設会社が工事量の地域間格差の拡大にあえいでいる。国土交通省の建設総合統計によると、工事の出来高は、地方へいくほど減少幅が大きくなる傾向が見られ、中には10年前に比べて4割近く落ち込んだ地域もある。公共工事前払金 […]

「品川新駅」本格着工、日本のグローバルなゲートウエーに! 画像
インバウンド・地域活性

「品川新駅」本格着工、日本のグローバルなゲートウエーに!

 東京のJR品川駅と田町駅の中間付近に新設される山手線・京浜東北線の「品川新駅(仮称)」が本格着工した。JR東日本が整備する新駅の駅舎本体工事と、都市再生機構が新駅周辺で進める土地区画整理事業の合同安全祈願祭が10日、現 […]

首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ 画像
インバウンド・地域活性

首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ

 ◇地下構造物の補強実施  首都高速道路会社は首都高速3号線池尻~三軒茶屋区間(東京都世田谷区~目黒区、延長約1・5キロ)の大規模更新事業で、東京急行電鉄と地下構造物の補強工事の施工委託協定を今春をめどに締結する。既に事 […]

~社歌コン 応募社の横顔:29~社内ライブから心一つに-北海道の石油販売 画像
人材

~社歌コン 応募社の横顔:29~社内ライブから心一つに-北海道の石油販売

199カ所の「ENEOSサービスステーション」を運営する北海道エネルギー株式会社では、社員による部活動が盛んです。2013年のCM制作で、同社の音楽部はその歌を作成しました。それはメンバーの結束を高めるだけでなく、従業員全体のモチベーション向上にもつながったようです。

鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減 画像
IT業務効率

鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

 安藤ハザマは、愛媛県大洲市で施工中の鹿野川ダムリニューアル工事に独自の技術や工夫を導入し、安全・品質の確保と作業の効率化を実現している。ダムを供用しながら発電取水用の既設取水塔を撤去し、新たに選択取水設備を構築するため […]

青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ 画像
インバウンド・地域活性

青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構とJR北海道は、津軽海峡線開業から約30年が経過した青函トンネルの大規模修繕事業に本格着手する。構造物の維持管理を共同で実施している両者は盤ぶくれや内空断面の縮小などの変状が確認された「吉 […]

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 40
  6. 45
  7. 46
  8. 47
  9. 48
  10. 49
  11. 50
  12. 51
  13. 52
  14. 53
  15. 54
  16. 55
  17. 60
  18. 70
  19. 最後
Page 50 of 409
page top