社歌による組織づくりをライブで体感!「ベンチャーソングフェス」レポート

2018年4月11日
 さる3月17日、東京都渋谷のライブハウス・恵比寿リキッドルームにて社歌のイベントが開催された。その名も「ベンチャーソングフェス Vol.1」。音楽による組織づくりを提案するミューロンが主催し、次世代型社歌「ベンチャーソング」の可能性を体感してもらうというもの。多くの中小企業やベンチャー関係者が参加し、アツい夜となった当日の様子をレポートする。

渋谷のライブハウスで開催された「ベンチャーソングフェス Vol.1」。音楽による組織づくりを提案するミューロンが主催し、次世代型社歌「ベンチャーソング」の可能性を体感してもらう内容に、多くの中小企業やベンチャー関係者が参加した

■会社と社員の思いがリンク。社歌を制作した事例紹介からスタート

 最初のプログラムは「音楽を活かした組織の作り方」。組織の活性化を目的とした次世代型社歌「ベンチャーソング」を制作・導入したえふなな社が登壇し、取り組みとその効果を紹介した。

最初のプログラムは「音楽を活かした組織の作り方」。組織の活性化を目的とした次世代型社歌「ベンチャーソング」を制作・導入したえふなな社が登壇し、取り組みとその効果を紹介

 同社の新田社長はそれまで「社員はえふななで仕事をすることに意義を見出せているのか?」という思いがあった。そこでミューロンの提案により、社員がベンチャーソングを作るワークショップを実施。会社のビジョンを見据えながら、社員それぞれの個性や考えを織り交ぜ歌詞を紡いでいった。曲はミューロン根木氏が提供し「えふななとみんなの未来」という歌が完成。結果として、社員のエンゲージメント(会社や仕事への積極度)が高まったという。
 社員からは「自分がやりたいことと、会社で実現したいことが結びついた」という声も。新田社長は「一つのものをみんなでつくる機会ができてコミュニケーションがうまれた」と語った。注目したいのは、一つのものをみんなでつくる、という点。音楽づくりには理屈ではない楽しさがある。制度や福利厚生では社員をつなぎとめられない時代において、音楽の可能性を示唆する好例だった。

■組織のリアルが浮き彫りに。観客参加型の即興社歌ラップ

 イベントはフェスと謳っている通り、実にさまざまなプログラムが観客を楽しませた。その中でも特に白熱したのが、ラッパー・晋平太氏による即興社歌ラップづくり。観客からその場で出される組織で働く喜びや悩みの声を、即興でラップにするという試みだ。

さまざまなプログラムの中でも特に白熱したのが、ラッパー・晋平太氏による即興社歌ラップづくり。観客からその場で出される組織で働く喜びや悩みの声を、即興でラップにするという試み。働き方改革が叫ばれる今、コミュニケーションを諦めないことで生まれるつながりがある

 観客にはベンチャー経営者や大企業の社員など多様な人がおり、雇う側・働く側両方の本音がぶつかりあった。働き方改革が叫ばれる昨今、働くことへの思いもまた十人十色。ときに対立しながらも、コミュニケーションを諦めないことで生まれるつながりもある。「認められて感じるやりがい 社内政治やめろよ先輩」「みんな求める実力主義? それより多様性認めるべき?」完成したラップから、組織のリアルが浮き彫りになったプログラムだった。

■続く第四次社歌ブーム。その最前線を語るトークセッションも

 トークセッションには社歌研究家の弓狩匡純氏と、HANJO HANJO加藤編集長も登壇。社歌のなりたちや、第四次ブームといわれる社歌の可能性について語った。

社歌研究家の弓狩匡純氏(右)とHANJO HANJO加藤編集長も登壇。「歌には人をつなげる力がある。社員を一つのトライブととらえると、その効果がさらに見直されるのでは」(弓狩氏)。「HANJO HANJO 第二回社歌コンテストでは前回を超える応募があった」(加藤編集長)

 弓狩氏は「歌には人をつなげる力がある。社歌の以前には、農作業のときに声を揃えて歌う歌もあった。社員を一つのトライブ(種族)ととらえると、その効果が今後さらに見直されるのでは」と、研究家ならではの視点でコメント。加藤編集長も「HANJO HANJOでは社歌コンテストを開催しており、第二回となる去年は前回を超える応募があった。社歌にはPRソングなどいろいろな活用法があり、注目が高まっていることがうかがえた」と社歌ブームの最前線を伝えた。
 二人のトークセッションのあとは、第二回社歌コンテスト優勝社のインターマキシスが登場。前田社長から社歌をつくるに至った経緯や、社歌のCDを名刺代わりに使っていることなどが紹介された。優勝作品「インターマキシズム」を歌うバンド・ふらっとも京都から駆け付け、同曲をライブ披露。大いに観客を沸かせた。とかく古くさいと思われがちな社歌。しかし、現代風にアレンジすることで人の心をつかむことができる。社歌の温故知新ともいえる、歴史と今がクロスした瞬間だった。

■主催のミューロン根木氏「今後も音楽の可能性を追求」

 主催したミューロンの根木氏は終了後のインタビューに対し「ベンチャー企業の方に、音楽で組織をつくる可能性を体感いただけたことで、第一歩を踏み出せたと思います。 お互い知り合いではないご来場者の方々が、音楽を通して一体感をつくっていく過程をみて、改めて音楽の偉大さを痛感しました。より多くのベンチャー企業のエンゲージメントを高められるよう、今後も音楽の可能性を追求していきます」とコメント。すでに第二回の企画に着手していると、これからの抱負を熱く語った。

「音楽で組織をつくる可能性を体感いただけたと思います。より多くのベンチャー企業のエンゲージメントを高められるよう、今後も音楽の可能性を追求していきます」(主催したミューロンの根木啓輔氏)。すでに第二回の企画に着手している

 主催したミューロンの根木氏は終了後のインタビューに対し「ベンチャー企業の方に、音楽で組織をつくる可能性を体感いただけたことで、第一歩を踏み出せたと思います。 お互い知り合いではないご来場者の方々が、音楽を通して一体感をつくっていく過程をみて、改めて音楽の偉大さを痛感しました。より多くのベンチャー企業のエンゲージメントを高められるよう、今後も音楽の可能性を追求していきます」とコメント。すでに第二回の企画に着手していると、これからの抱負を熱く語った。
 ベンチャーソングフェスは4時間以上の長丁場でありながら、観客は歌い踊り、熱を帯びたまま終幕となった。音楽が人と人をつなぐ、組織を活性化させる可能性を、カラダで感じられたのではないだろうか。中には関西から参加したという人もおり、メディア取材も多数。世間の注目度の高さをうかがわせた。互いの歌声を聴きあえるような規模の会社にこそ、音楽は効果を発揮するのかもしれない。社歌のムーブメントはこれからも続きそうだ。
《HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • かゆい所に手が届く! 販促ツールの最新系を使いこなそう

    ビジネスチャンスの拡大に、ノベルティやインセンティブなどの販促用ツールや、マーケティングをサポートするサービスは欠かせません。そんなノベルティグッズやマーケティングツールの見本市「第60回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019」が開催されました。今回の記事では出展ブースの中からユニークな販促サービスについて紹介します。

    2019年11月5日

    イベントレポート

  • 次の食のキーワードは「食習慣リスク」。小売・外食は顧客データ活用の道を探れ!

    今月施行された「食品ロス削減推進法」。食に対する関心は高まる一方ですが、次に注目されそうなのが、食習慣に起因する代謝リスクなどの「食習慣リスク」です。食生活や生活習慣の変化によって、健康に不安を抱えている現代人は少なくありません。しかし行政や公の団体がアピールしても、消費者との接点が少ないため啓蒙にはつながっていません。逆に言えば、消費者に近い立場である小売や外食産業に新たなビジネス開拓のチャンスが訪れているのです。

    2019年10月31日

    イベントレポート

  • なぜ「designshop」は伝統工芸品を売り続けることができるのか?

    ライフスタイルの多様化によって、消費者は新しくて機能的な製品ばかりでなく、伝統工芸品やデザイン性の高い製品にも注目しています。そんな伝統工芸品やデザイン製品を含め、シンプルで長く使えるアイテムを多数取り扱っている「designshop」のオーナー・森博さんが、20年に渡って得た店舗運営の知見や商品開発について語ってくれました。

    2019年10月7日

    イベントレポート

  • 生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る

    国内最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」。これまでに多くの製品やサービスを世の中に生み出してきました。作る側や売り出したい側にとって、Makuakeを活用した製品開発のメリットとは何なのでしょうか?

    2019年10月4日

    イベントレポート

  • 自分の知らないものは売らない〜『パンと日用品の店 わざわざ』急成長の理由〜

    長野県東御市にある『パンと日用品の店 わざわざ』。食と生活をテーマにしたさまざまなものを販売しています。山の上にぽつんと建つこの小さなお店が、実店舗・オンラインストア合わせて、なんと2億円を超える金額を達成しています。ターニングポイントは在庫の持ち方を変えたことでした。

    2019年10月2日

    イベントレポート

  • クラウドファンディングで活性化! 地方発工芸品メーカーの逆転劇

    日本の工芸を語るとき、キープレーヤーとして必ず名前があがるのが「中川政七商店」です。中川政七商店は1716年創業を誇る奈良の老舗企業。日本の工芸をベースにした生活雑貨を企画製造し、全国に50を超える直営店で小売業を展開するほか、地域活性事業や各地の工芸品メーカーに向けたコンサルティング事業も行っています。そのコンサルティングの一環となる販路開拓支援のために開催しているのが合同展示会 「大日本市」です。

    2019年9月26日

    イベントレポート

  • 古民家改修ビジネスはもう古い? これからは古民家を中心に街全体をホテルに変える!

    古民家を改修したカフェやホテルを多く見かけるようになりました。しかし「単に古民家を改修しただけのビジネス」はもう珍しくありません。これからはリフォームの仕方や活用方法が重要になります。では次の時代の古民家ビジネスのポイントはどこにあるのでしょうか? 

    2019年9月17日

    イベントレポート

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート