【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

2016年11月18日
【記事のポイント】 ▼下請け企業の自社ブランド設立では、大企業出身人材の営業力・人間関係が生きる ▼採用後には地方での再出発という環境変化への対応を待つことも大切
【記事のポイント】
▼下請け企業の自社ブランド設立では、大企業出身人材の営業力・人間関係が生きる
▼採用後には地方での再出発という環境変化への対応を待つことも大切

■自社ブランド開発の先にある問題

新事業への参入、マーケットの変革への対応など、企業が新たなチャレンジを行うときには、その分野のプロフェッショナルが求められる。例えば、地域おこし事業において、地方創生リーダーを都市部から招聘するのはよくある話だ。近年では政府が進める「プロフェッショナル人材事業」など、地方企業や中小企業が人材を活用するための仕組みも整備されはじめている。

 広島県に本社を置くオオアサ電子も、プロフェッショナル人材を採用してビジネスを拡大させた企業の一つだ。同社では長年に渡って電子部品の下請けを手掛けてきたが、供給先の大手メーカーが事業をファンドに売却。仕事が激減したという。企業の存続も危ぶまれる中、同社がとった選択は自社ブランド製品の開発だった。

高級無指向性スピーカー「Egretta」。漆喰風の本体などで独自性を出している

自社製品の開発による“メーカーとしてのビジネス”への転換は、攻めの経営という視点では正攻法である。コモディティ化が進んだ白物家電や日用品においては、値段や品質、デザイン性、プレミアム戦略による差別化が可能な中小企業の成功事例は少なくない。

 オオアサ電子では液晶事業とともに、長年手掛けていた音響機器のOEM生産の技術を生かし高級無指向性スピーカー「Egretta」の開発に着手する。デザイン、技術、製造などのものづくりに関しては自社のリソースで解決することができた。そのうえで最後に残ったのが「どう売るか」という課題だった。

■技術やリソースを持った早期退職者がねらい目

 特定の取引先とだけ長く付き合ってきた下請け企業にとって、製品の販売チャネルの開拓、商品開発に必要なマーケティングは自力解決が困難な問題だ。オオアサ電子はこの問題に対して、外部の人間を招くことで解決を図る。必要だったのは営業経験、ニーズをつかむセンス、広いマーケット知識、そして人脈といったリソースを持った人材。折しも大手の早期退職者が候補となり、中には実力者も多かったという。
 しかし、無名の中小企業に入社しよう考える大手企業経験者はそう多くない。当時はプロフェッショナル人材の活用制度などがない時代だったため、最終的には代表取締役社長の長田克司氏の人脈をたどり、元ソニーの役員から紹介を受けたのが高野康輔氏だった。

 高野氏は持ち前のスキルと人脈を生かして、Egrettaの販促に着手する。とはいえ、いきなり成功を収めたわけではない。地域や企業規模の違いといった勝手の違いから、最初の1、2年は苦労をしていたという。しかし、長田社長は「自分たちのできないことをやってくれている」と任せていたそうだ。

「プロ人材を採用したからといって、すぐに商品が売れるなど、目に見える成果を期待してはいけません。勝手の違う地方の中小企業で、すぐに大手メーカーと同じような実績があがることはないでしょう。時間をかけた開拓先との信頼関係など、目に見えないことを評価し、いっしょにブランドを作っていくという考え方が大事です」

オオアサ電子代表取締役社長の長田克司氏

Egrettaはメイドインジャパンをアピールすべく、漆喰風の本体を採用し、無指向性スピーカーという特徴で売りだした。しかし、当初は老舗の音響機器問屋から「白い家電は人気がないし、大手も作っていないような無指向性スピーカーに需要はない」と門前払いをされたという。その中でも高野氏は地道にマーケティング活動を重ねることで、徐々に顧客からの評価を獲得していく。

 現在までにEgrettaは、豪華客船の飛鳥IIや星野リゾートのホテルなどに採用されている。また、ヨドバシカメラなど大手量販店でも扱うようになった。広島の田舎にあるショールームには、全国からバイヤーや企業が訪れている。
営業力が不足していたオオアサ電子にとって、経験豊富な高野氏はプロフェッショナル人材として事業に大きく貢献した。自社ブランド開発という一大事業を成功させたことで、会社の業績はV字回復している。とはいえ、プロフェッショナル人材にとって地方企業への転職は、一からの再出発となる。これまでの経験が生きないこともあるだろう。その中でも高野氏のように、どんな条件でも成果を出すべく、自分で動ける覚悟があること。それが、地方企業では経験やスキルと同じぐらいに重要な、プロフェッショナル人材採用の基準となりそうだ。
《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

    2018年8月10日

    インタビュー

  • 仕事も遊びもどちらも「オン」! 社内クラブ活動が人生を豊かにする

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「第19回サバニ帆漕レース」が、6月23-24日に開催されました。そのサバニ帆漕レースに、会社のクラブチームとして参加しているのがシステム開発の「株式会社アルファ・ウェーブ」です。会社には数多くのクラブがあり、その活動が仕事だけでなく社員の人生そのものにも大きな影響を与えているといいます。

    2018年8月3日

    インタビュー

  • IoTを本気で日本に普及させる! 通信インフラを牽引する異色ベンチャー

    「IoTの時代が到来した」。ここ数年来、この言葉を幾度となく耳にしてきました。しかし騒がれているわりには、日本でIoT製品を目にすることはあまりありません。日本のIoTビジネスがなかなか進展しない理由のひとつが、通信インフラが整っていないことにあります。この状況を変える通信サービスで注目されているベンチャー企業があります。昨年、起業した「センスウェイ株式会社」です。

    2018年7月30日

    インタビュー

  • 健康睡眠が日本の生産性を上げる! 寝具業界を変える高品質適正価格のマットレス

    これまで機能性敷布団やマットレスといえば高額なものが多く、一部の人にしか手の届かない高級品という印象でした。しかし反発性能が高い素材のマットレスの登場によって、その壁が崩されようとしています。そんな活性化する寝具業界にあって、『良い寝具を正しい価格で』をうたい、急速に消費者の支持を集めている企業があります。2011年創業の「ライズTOKYO」です。

    2018年7月23日

    インタビュー

  • マニュアルを革新する! 会社独自のノウハウを「見える化」で組織は進化する

    マニュアルと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 電化製品やPC関連、あるいは接客のための読みづらい手引書・・・。しかし、そんなマニュアルのイメージを一掃し、新たなビジネスサービスとして提供している会社があります。「2.1」は会社に眠っている独自のノウハウをマニュアルによって可視化〜習慣化させ、業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化をサポートすることで注目を集めています。

    2018年7月6日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中!ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【後編】

    縮小する印刷業界にあって、ダイレクトメールに一点集中することで売上げを伸ばしているのが「株式会社 ガリバー」です。後編では、代表取締役の中島真一さんの半生に焦点をあて、何が現在の会社経営につながったかを探ります。

    2018年6月22日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中! ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【前編】

    衰退する産業のひとつとしてよく取り上げられる「印刷業」。しかし、業界全体が厳しいなかでも、活路を見つけ、蓄積したノウハウと資産で、印刷の新たな未来を提示する会社があります。横浜にある「株式会社 ガリバー」です。そこには「一点集中」の戦略がありました。

    2018年6月20日

    インタビュー

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー