【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

2016年11月18日
【記事のポイント】 ▼下請け企業の自社ブランド設立では、大企業出身人材の営業力・人間関係が生きる ▼採用後には地方での再出発という環境変化への対応を待つことも大切
【記事のポイント】
▼下請け企業の自社ブランド設立では、大企業出身人材の営業力・人間関係が生きる
▼採用後には地方での再出発という環境変化への対応を待つことも大切

■自社ブランド開発の先にある問題

新事業への参入、マーケットの変革への対応など、企業が新たなチャレンジを行うときには、その分野のプロフェッショナルが求められる。例えば、地域おこし事業において、地方創生リーダーを都市部から招聘するのはよくある話だ。近年では政府が進める「プロフェッショナル人材事業」など、地方企業や中小企業が人材を活用するための仕組みも整備されはじめている。

 広島県に本社を置くオオアサ電子も、プロフェッショナル人材を採用してビジネスを拡大させた企業の一つだ。同社では長年に渡って電子部品の下請けを手掛けてきたが、供給先の大手メーカーが事業をファンドに売却。仕事が激減したという。企業の存続も危ぶまれる中、同社がとった選択は自社ブランド製品の開発だった。

高級無指向性スピーカー「Egretta」。漆喰風の本体などで独自性を出している

自社製品の開発による“メーカーとしてのビジネス”への転換は、攻めの経営という視点では正攻法である。コモディティ化が進んだ白物家電や日用品においては、値段や品質、デザイン性、プレミアム戦略による差別化が可能な中小企業の成功事例は少なくない。

 オオアサ電子では液晶事業とともに、長年手掛けていた音響機器のOEM生産の技術を生かし高級無指向性スピーカー「Egretta」の開発に着手する。デザイン、技術、製造などのものづくりに関しては自社のリソースで解決することができた。そのうえで最後に残ったのが「どう売るか」という課題だった。

■技術やリソースを持った早期退職者がねらい目

 特定の取引先とだけ長く付き合ってきた下請け企業にとって、製品の販売チャネルの開拓、商品開発に必要なマーケティングは自力解決が困難な問題だ。オオアサ電子はこの問題に対して、外部の人間を招くことで解決を図る。必要だったのは営業経験、ニーズをつかむセンス、広いマーケット知識、そして人脈といったリソースを持った人材。折しも大手の早期退職者が候補となり、中には実力者も多かったという。
 しかし、無名の中小企業に入社しよう考える大手企業経験者はそう多くない。当時はプロフェッショナル人材の活用制度などがない時代だったため、最終的には代表取締役社長の長田克司氏の人脈をたどり、元ソニーの役員から紹介を受けたのが高野康輔氏だった。

 高野氏は持ち前のスキルと人脈を生かして、Egrettaの販促に着手する。とはいえ、いきなり成功を収めたわけではない。地域や企業規模の違いといった勝手の違いから、最初の1、2年は苦労をしていたという。しかし、長田社長は「自分たちのできないことをやってくれている」と任せていたそうだ。

「プロ人材を採用したからといって、すぐに商品が売れるなど、目に見える成果を期待してはいけません。勝手の違う地方の中小企業で、すぐに大手メーカーと同じような実績があがることはないでしょう。時間をかけた開拓先との信頼関係など、目に見えないことを評価し、いっしょにブランドを作っていくという考え方が大事です」

オオアサ電子代表取締役社長の長田克司氏

Egrettaはメイドインジャパンをアピールすべく、漆喰風の本体を採用し、無指向性スピーカーという特徴で売りだした。しかし、当初は老舗の音響機器問屋から「白い家電は人気がないし、大手も作っていないような無指向性スピーカーに需要はない」と門前払いをされたという。その中でも高野氏は地道にマーケティング活動を重ねることで、徐々に顧客からの評価を獲得していく。

 現在までにEgrettaは、豪華客船の飛鳥IIや星野リゾートのホテルなどに採用されている。また、ヨドバシカメラなど大手量販店でも扱うようになった。広島の田舎にあるショールームには、全国からバイヤーや企業が訪れている。
営業力が不足していたオオアサ電子にとって、経験豊富な高野氏はプロフェッショナル人材として事業に大きく貢献した。自社ブランド開発という一大事業を成功させたことで、会社の業績はV字回復している。とはいえ、プロフェッショナル人材にとって地方企業への転職は、一からの再出発となる。これまでの経験が生きないこともあるだろう。その中でも高野氏のように、どんな条件でも成果を出すべく、自分で動ける覚悟があること。それが、地方企業では経験やスキルと同じぐらいに重要な、プロフェッショナル人材採用の基準となりそうだ。
《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 社長業は突然に。経営破綻をV時回復させた「ひとり親方」の覚悟

    いま、東京近郊では2020年に向けた鉄道関連の工事が盛んに行われています。電車の中から窓越しに見える風景で印象的なのは、狭い場所ながら太い鉄の杭を打ち込むダイナミックな重機の姿です。そんな特殊な条件をものともせず、日本の建設・土木業の優秀さを示す仕事を50年にわたって続けてきたのが、横浜にある「恵比寿機工株式会社」です。しかし、創業者の晩年に会社が経営不振に陥り、倒産寸前まできてしまいました。その窮状を救ったのは職人たちのリーダーであるひとりの職長でした。

    2018年10月15日

    インタビュー

  • 「水素水」をもっと日本の企業、事業所へ!〜 ウォーターライフケアという新発想

    昨年、東京都健康長寿医療センター研究所がガイドライン「健康長寿のための12か条」を発表しました。そのエビエンスブックでとりあげられたもののひとつが「水素水」です。病気の予防領域において水素の有効性が認められつつあることで、今、その存在に改めて光が当たっています。今回、紹介するのは、水素を安く簡単に提供する装置、水素水サーバーを開発・販売する「株式会社 ドクターズ・マン」です。

    2018年10月9日

    インタビュー

  • 「横浜のストーリー」を練りこんだ「あられ」「柿の種」は、なぜこんなに美味しく感じられるのか?

    ナポリタン味のあられ「横浜ナポリタン」やビールにピッタリの柿ピーの「横濱ビア柿」をご存知でしょうか。これらユニークな商品を製造・販売しているのが、横浜で創業89年になる「株式会社美濃屋あられ製造本舗」です。ビール、ナポリタン、BARなど横浜が発祥とされるものをモチーフにした、どこにもない横浜オリジナルの米菓子は、どのような背景から生まれたのでしょうか。

    2018年10月1日

    インタビュー

  • 地元が主役の“強烈”なまちおこし、山形・庄内で進化中!【後編】

    もしまちづくりを成功させるもう一つの可能性があるとしたら? その問いに対する答えを出したのが、山形県鶴岡市で民間企業としてまちづくりを行っている「ヤマガタデザイン株式会社」です。9月19日には、山形県庄内地方の魅力を体現する施設がオープン、そこに至る道筋をたどります。キーとなったのは「完全地域主導」のまちづくりでした。

    2018年9月18日

    インタビュー

  • 地元が主役の“強烈”なまちおこし、山形・庄内で進化中!【前編】

    地方創生の必要が叫ばれてもう何年も経ちます。日本各地で様々な取組みが行われてきましたが、なかなか結果を導き出せていません。その要因のひとつは、誰が主体的にまちづくりに関わるのか? ということにあるかもしれません。もしまちづくりを成功させるもう一つの可能性があるとしたら? その問いに対する答えを出したのが、山形県鶴岡市で民間企業としてまちづくりを行っている「ヤマガタデザイン株式会社」です。9月19日には、山形県庄内地方の魅力を体現する施設がオープンします。

    2018年9月14日

    インタビュー

  • 横浜港を彩るレストランクルーズ船! ロイヤルウイングの独自戦略

    山下埠頭や新港地区の開発、IRの誘致などウォーターフロントエリアが活況を見せている横浜港。その横浜港の顔ともいえる存在が、レストランクルーズ船の「ロイヤルウイング」です。ベイブリッジをくぐり、東京湾、横浜港を周遊する観光クルーズ、そしてレストランでの美味しい料理。「もの」から「こと」へのトレンドのなか、体験型消費を象徴する記念日やウェディングなどの「ハレの日」向けのサービスも大人気です。

    2018年9月10日

    インタビュー

  • コナカが「おもてなし規格認証・紺認証」を取得! ファッション・衣料小売業、新たな次元へ(後編)

    日本のサービス産業と地域経済の活性化を図るために誕生した「おもてなし規格認証」。サービス品質を「見える化」するための規格認証制度として、様々な業種の会社や事業所が有効に活用しています。サービス産業のなかでもウェイトが高いのがファッション・衣料関連です。前編に引き続き、本社および紳士服コナカ全店舗でおもてなし規格認証「紺認証」を取得した「株式会社コナカ」の現場からの声を伝えます。

    2018年8月29日

    おもてなし規格認証

  • コナカが「おもてなし規格認証・紺認証」を取得! ファッション・衣料小売業、新たな次元へ(前編)

    日本のサービス産業と地域経済の活性化を図るために誕生した「おもてなし規格認証」。サービス品質を「見える化」するための規格認証制度として、様々な業種の会社や事業所が有効に活用しています。サービス産業のなかでもウェイトが高いのがファッション・衣料関連です。今回紹介するのは、4月に本社および紳士服コナカ全店舗でおもてなし規格認証「紺認証」を取得した「株式会社コナカ」です。

    2018年8月27日

    おもてなし規格認証