【プロ人材と地方企業:1】キーパーソン採用で攻めに転じる!

2016年11月17日
【記事のポイント】 ▼『採用が上手い企業』は、経営者がしっかりと採用にコミットメントしている ▼プロ人材が求めるのは“地方企業で働くからこそ得られる経験”
【記事のポイント】
▼『採用が上手い企業』は、経営者がしっかりと採用にコミットメントしている
▼プロ人材が求めるのは“地方企業で働くからこそ得られる経験”

プロフェッショナル人材の採用にあたっては、社長が率先して企業や地域の魅力を伝えることが重要

■プロ人材採用で「攻めの経営」に

人材の都市部集中が語られて久しいなか、日本各地の中堅・中小企業において、事業のキーパーソンとなりうる経験豊富な人材が求められている。15年10月に内閣府では各道府県に「プロフェッショナル人材戦略拠点」を設置し、「プロフェッショナル人材事業」を開始。16年8月までの相談件数は約7000件で、そのうち284件が成約し、地方で一定の成果を出しつつある。

 地方企業が攻めの経営に転じるために必要な人材を、各地の「プロフェッショナル人材戦略拠点」が人材ビジネス事業者を通じてマッチングする同事業。この人材ビジネス事業者として同事業に協力し、地方企業と人材のマッチングを行っているビズリーチ取締役の多田洋祐氏によると、地方においてはマネジメントやグローバル業務で即戦力になる人材に大きなニーズがあるという。

「また、IT系の人材も求められています。地方地場の製造業などの企業は、オンライン業務に対応できていないといった側面が多々あり、人材が充実している東京で人を探す傾向があります」

 一方で同社のサービス全体においては、コンサルティングファームや金融、ITコンサルといった専門性を持つ人材のニーズが高まっているという。ただし、ビズリーチ全体では製造業の求人が約24%を占めるが、地方の人材でもその割合は変わらない。これらの話から、地方と都市部ではプロ人材を求めている業種の比率は変わらない反面、地域による人材の偏りが顕著に見て取れる。

今年10月にビズリーチが開催した「鳥取県の仕事と暮らしを体感する」現地ツアー

■「採用が上手い企業」の条件

地域や業種を問わず人手不足が叫ばれているが、プロ人材の採用においても事情は同じなのだろうか? 多田氏は「むしろプロ人材では激化している」と指摘する。

「高年収であればあるほど人の数は少なく、大量のスカウトが飛んでいます。だからこそ企業は採用の仕方を工夫する必要があり、『人材の獲得と育成』に本気で取り組むことが重要になる。実際に地方でも『採用が上手い企業』は、“経営者がしっかりと採用にコミットメントしている企業”です」
では、地方企業がプロ人材を獲得する際のポイントとは何だろう。先に挙げた経営陣による採用へのコミットに加え、多田氏が挙げるのは“ダイレクト・リクルーティング”と“プロ・リクルーターを置くこと”だ。
ダイレクト・リクルーティングとは「応募してきた人材を口説くのではなく、欲しい人材を取りに行く」という、いわば“攻めの採用”。併せて、採用の専門家であるプロ・リクルーターを社内に置くことで、人材データベースや社員紹介プログラムといった多様な採用ツールを効率的に用い、採用を実現できると指摘する。中途採用を戦略的に行うこれらの取り組みは、優れた人材の雇用を目指す国内企業すべてにとって有益に違いない。
地方企業による人材採用の工夫としては、バスツアーを行うケースもあるという。「採用の一次面談のあと、本社を見るだけではなくて、バスで地元の街を案内するんです。これも地方企業のできる“主体的な採用活動”のひとつですね。『住みやすさを感じた』『不便を感じなかった』といった好意的な感想を持つ参加者が、採用に繋がっています」とのことで、より多くの情報を人材側に与えることの有効性が見て取れる。生活環境を実地で確認できる意義は大きい。

 関連する取り組みとしては、同社でも今年9月にガイナーレ鳥取のゼネラルマネージャーを務める元サッカー日本代表の岡野雅行氏を招き「プロ人材として自らが感じた鳥取の可能性」と題した講演を東京本社で実施した。

ビズリーチ主催のイベントで「プロ人材として自らが感じた鳥取の可能性」を語った元サッカー日本代表の岡野雅行氏

■プロ人材が地方企業に求めることとミスマッチの可能性

では、プロ人材の側は地方企業に何を求めているのか? 多田氏によると「知名度や給料という点では絶対に負けるわけですから、いかにやりがいや働きがいを提供できるかが重要です」とのことだ。

「我々が首都圏勤務の方に実施したアンケートでも69%の方が『やりがいがあれば地方転職を前向きに検討する』という回答をされています。小規模企業こそ『こういった経験が積める』『こういったスキルを得ることができる』といったことを伝えられるかが大切ですね」

ビズリーチ取締役の多田洋祐氏。「地方経済の活況なしに日本が抱える課題は解消されない」と語る

プロフェッショナル人材の採用においては、地方や中規模の企業で働くからこそ経験できる要素を、いかにアピールできるかが工夫のしどころになる。また、人材採用においてはミスマッチ問題が取りざたされているが、地方企業とプロ人材のマッチングにおいては「正しく、率直に情報を伝えること」が重要と多田氏は話す。入社前にトップ自らが会社について、良いところも悪いところも率直に伝えることが、やはり一番ということだろう。その上で入社後も、採用した役員や社長が責任を持って伴走することが重要だ。プロ人材を孤立させないために、経営陣はじめ会社が一体となった取り組みが必要に違いない。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコト」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • タピオカドリンクをもっと身近に〜郊外から攻めて十代の人気を獲得!

    いま、台湾発のタピオカドリンクがブームです。原宿や代官山では海外資本が続々と専門店を出店しています。そんな中、タピオカドリンクを郊外からじわじわと人気商品にしている日本の中小企業があることをご存知でしょうか。そこにはどんな戦略があったのでしょうか。J・Jの忠岡鴻謹社長に聞きます。

    2018年5月25日

    インタビュー

  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

    2018年5月24日

    インタビュー

  • 次に来るのはバスのシェアリング、目指すは旅行業の民主化

    今、ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発です。では、どうすれば成功する新業態を生み出すことができるのでしょうか? 急速に広がるシェアリングビジネスに登場したのが、貸切バスの手配を手がける「ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社」です。代表取締役の西木戸秀和氏に話を聞きます。

    2018年5月17日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く②/経営者は「山頂の松」に学べ

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。インタビュー後編では、変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念についてお話を伺います。

    2018年5月11日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く①/新しく始まった「経営デザイン認証制度」とは?

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。前編では日本経営品質賞に取り組む意義や目的と2018年度より新しく始まる「経営デザイン認証制度」について、そして、後編では変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念について、お話しを伺います。

    2018年5月9日

    インタビュー

  • 「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く2(後編)〜トップ保険サービス〜

    顧客本位の視点から、部分最適ではなく全体最適の経営を行い、自己変革を通して価値を創出し続けていく。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなる企業を表彰するのが「日本経営品質賞」です。2017年度受賞組織のうち、中小企業部門で受賞した経営者に話を聞く、その第2回は「トップ保険サービス株式会社」(福岡県)。前編に引き続き、代表取締役社長の野嶋康敬氏に経営品質向上の秘訣を尋ねます。

    2018年5月2日

    インタビュー

  • 「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く2(前編)〜トップ保険サービス〜

    顧客本位の視点から、部分最適ではなく全体最適の経営を行い、自己変革を通して価値を創出し続けていく。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなる企業を表彰するのが「日本経営品質賞」です。中小企業部門では2社が受賞しましたが、そのうちのひとつが福岡県北九州市で保険代理業を事業ドメインとする「トップ保険サービス株式会社」です。代表取締役社長の野嶋康敬氏に話を聞きます。

    2018年5月1日

    インタビュー

  • 「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く1(後編)~万協製薬~

    グローバリゼーションの進展や飛躍的な情報技術の発達、劇的な人口動態の変化などの要因により、企業をとりまく経営環境は著しく高度複雑化し、不透明性を増している。その様な状況下において、変化に柔軟に対応し、自己変革を通して新しい価値を創出することにより、持続的な競争優位性を築きあげていくことが企業経営にいま、強く求められている。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなるのが、日本経営品質賞の受賞企業だ。

    2018年4月19日

    インタビュー