2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」

2017年4月7日
出張旅行にレジャー旅行をつなげる「ブリージャー(ビジネス+レジャー )」ブームは今後も続き、2017年は出張旅行者が出張そのものに付加価値見つけ出すなどの変化が見られそうだといいます。
 昨年11月、世界最大のオンライン宿泊予約サイト(OTA:オンライントラベルエージェント)、ブッキング・ドットコムは2017年の旅行業界8大トレンドを予想し発表しました。2016年3月同社は、日本を含む世界10ヶ国を対象に2015と2016年の両年に一度以上旅行し、かつ旅行の計画に関わった各国1000人を対象に、2017年にどんな宿泊体験をしたいかなどを調査。その結果は興味深いものでした。

 たとえば、2017年には45%が「目的地に冒険的な場所」を、47%が「自分の友人が誰も訪れたことのないような未開の地に行ってみたい」と回答。また56%が「一人旅の回数を増やしたい」としており、こうした傾向はアメリカや中国、タイなどで顕著でした。爆買いが終焉、コト消費へのシフトがいわれていますが、本調査では中国やタイで心身を癒す旅行を求める傾向も強く出ました。

 すでに訪日客の8割はFIT(外国人個人旅行)客となり、旅慣れた旅行者が増加しています。インバウンド誘致ではこうした市場の変化に対応していくことが重要ですが、日本国内でこうした変化を先取り、ニーズに応える地域や企業はまだまだ少数派。中でも取り込みが遅れているのがビジネス兼観光市場です。

 今回の調査で2016年の海外旅行者全体のうち出張目的は40%で、その46%が「2017年には出張旅行の機会がさらに増えるだろう」と回答。こうした出張旅行にレジャー旅行をつなげる「ブリージャー(ビジネス+レジャー )」ブームは今後も続き、2017年は出張旅行者が出張そのものに付加価値を見つけ出すなどの変化が見られそうだといいます。

画像提供ブッキング・ドットコム(httpsnews.booking.comtravel-prediction)

 海外出張するビジネスパーソンの実に49%が「滞在期間を延長して出張先を満喫」、75%が「来年も同じように滞在を延長するだろう」としており、出張旅行はもはや時間のロスや仕事の妨げではなく、新たな可能性の模索やキャリア形成のためのインスピレーションとして重宝されています。加えて30%のユーザーは「出張旅行の多い仕事に就けるなら、今より給与が低くても構わない」と回答しています。

 ただ、日本人では「出張期間を延長し、異なる都市や国を旅行した」経験を持つ人は22%、「出張旅行の多い仕事に就けるなら今より給与が低くても構わない」10%で、いずれも調査国中最低となっています。

 さて、ここで一つ質問です。あなたはこうした世界との格差が生まれる理由は何だと考えますか。一般的には長時間労働などの働き方の問題を挙げる人が多いでしょうか。ただ需要は喚起する仕掛けがあって初めて発動するものです。

 日本国内では今年2月、国が月末の金曜日の午後三時に社員を退社させ、2.5泊の旅などを誘発することで消費喚起を促す「プレミアムフライデー」がスタートしました。現在(3/24)のところプレミアムフライデーのロゴマーク申請企業・団体数は1022。初回は一部で18時以降の来店客数や店舗売上が大幅に増加した例もあるようですが、各種調査を見ると宿泊を伴う旅行等での利用はまだまだレアケースのようです。

 プレミアムフライデーが成功するには需要喚起する魅力的な商品が不可欠だといわれていますが、それはブリージャーも同じです。今、日本の観光地や宿泊施設でビジネスパーソンに対し明確な戦略を持ち、需要喚起する仕掛けをしているところはどれだけあるでしょうか。全国を歩いていますがあってもせいぜい居酒屋の晩酌セット程度、大半はこうしたニーズがあることすら気づいていません。

 国は平成22年より「共通基準による観光入込客統計」を発表していますが、平成25年(大阪・福岡を除く)45都道府県の中で集計済みの44の都道府県のうち34で、ビジネス目的の観光客一人当たりの消費額単価が観光目的を上回りました。一般的にはビジネス客の方が観光客より消費額が多いのですが、それを知る観光地や宿泊施設もまた多くはありません。

 本コラムでは以前、青森県八戸市のビジネス客を取り込む朝観光の取り組みを紹介しました。コト観光へのシフトには着地型観光の造成やそれを推進するDMOの役割が重要ですが、ブリージャーは掘れば間違いなく金鉱はそこにあるという市場です。観光地や宿泊施設には積極的な需要喚起の取り組みを期待するものです。

●関連リンク

執筆者: 水津陽子 - 地域活性化・まちづくりコンサルタント
合同会社フォーティR&C代表、地域活性化・まちづくりコンサルタント。地域資源活かした地域ブランドづくりや観光振興など、地域活性化・まちづくりに関する講演、企画コンサルティング、執筆を行う。2014年地方創生法に関連し衆議院経済産業委員会に参考人出席。著書に「日本人だけが知らないニッポンの観光地」(日経BP社)などがある。

水津陽子新着記事

  • 人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」

    兵庫県南あわじ市の離島「沼島」は淡路島の南東、紀伊水道に浮かぶ周囲約9.53kmの小さな島です。かつては「沼島千軒金の島」と称えられるほど繁栄をみましたが、近年は衰退傾向にあります。そんな中、2007年沼島で始まった交流人口拡大による地域活性化の取り組み。沼島の着地型観光は確実に成果を上げつつあります。小さな島の生き残りを賭けた挑戦を追います。

    2018年5月14日

    水津陽子

  • 年間赤字1億の宿を90日で再生! 大手も手つかずの小規模宿再生術/ワールドリゾートオペレーション

    インバウンドブームですが、リゾートホテルや旅館の客室稼働率は低く、旅館は平均で37.1%と低迷。リゾートホテルや旅館の再生を手掛けるワールドリゾートオペレーションの宿再生の取組から地域がこうした状況を打破するには何が必要かを考えます

    2018年3月5日

    水津陽子

  • 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2017年は数字の上ではいざなぎ景気を超える好景気となりました。2018年はどんな年になるのか。今回は、インバウンドをはじめ観光産業において、今年押さえておきたい4つのトレンドをピックアップ。その変化と進化、そして今年起こる新たな波を紹介します

    2018年1月19日

    水津陽子

  • 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

    様々な場面で地域間の格差が拡大しています。自治体の規模や財政もさることながら、地域の活性・不活性に直結する地域間競争を勝ち抜く力の差、その基礎となる意識や意欲の面でも差は目に見えるかたちで表れてきています。今回はこの地域観光行政の格差について考えます。

    2017年12月4日

    水津陽子

  • <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    水津陽子さんがひとつの業界にしぼって徹底取材。その現在と展望を、課題分析編、解決戦略編、具体事例編のパートにわたり深い視点で切り込んでいきます。第1回で取り上げるのは落ち込みの激しい「陶磁器産業」です。Vol.3では常滑の成功事例から復活の道のりを探ります。

    2017年10月19日

    水津陽子

  • <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

    シリーズ「十年で6割超の市場を失った陶磁器産業」。Vol.2ではその復活のシナリオを描きます。輸出やインバウンドという千載一遇の好機を目の前にしながら、傍観する姿が目立つ産地や事業者。そこに踏み出せない理由とその突破口は?

    2017年9月5日

    水津陽子

  • <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    HANJO HANJO の新シリーズは、コラムでおなじみの水津陽子さんがひとつの業界にしぼって徹底取材。その現在と展望についてを、課題分析編、解決戦略編、具体事例編など複数のパートにわたり深い視点で切り込んでいきます。第1回で取り上げるのは「陶磁器産業」です。

    2017年8月2日

    水津陽子

  • スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

    かつてスラム化した街が新たなビジネスモデルで再生。憧れの対象に生まれ変わった街があります。戦後、米軍基地が置かれた埼玉県入間市、多くの米軍ハウスが建設されましたが、その町並みを維持、街区はその世界観を残していた一角での復興の話です。

    2017年7月10日

    水津陽子