急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

2017年12月28日
第5回「高速バス・マネジメント・フォーラム」では、「自動運転バス」「個人旅行化が進む観光」「バス事業者の広報」という3つのテーマに沿って、多くの講師が登壇。興味深かったセミナーを紹介しよう
 12月5日(火)に東京・新宿で当社が開催したセミナー、第5回「高速バス・マネジメント・フォーラム」(全国のバス事業者から営業担当の役員、管理職ら145人がご参加)では、「自動運転バス」「個人旅行化が進む観光」「バス事業者の広報」という3つのテーマに沿って、多くの講師(専門家や、事業者の企画担当者ら)に代わる代わるご登壇いただいた。

 特に興味深かったのは、「テーマ2:個人旅行化が進む観光とバス事業」の講師をお願いした中のお一人、神姫バスツアーズの阪田悦規取締役による新サービスのご紹介であった。同社は、兵庫県に拠点を置く乗合バス事業者、神姫バスのグループ会社である。神姫バスをはじめ乗合バス事業者の多くは、「地元の名士」企業として観光事業や不動産開発、生活関連事業などを幅広く営んでいるが、同社もその中の一つだ。地元の人を対象にした従来型の旅行ツアー(発地型ツアー)のほか、広く関西全域を対象にテーマパークツアー、スキーツアーの若年層向けブランドや、最近ではFITを対象とした着地型ツアーも手掛ける。

 このうち発地型ツアーでは、以前にご紹介したとおり、水戸岡鋭治氏デザインの上級車両による本物志向のバスツアー「真結(ゆい)」ブランドを2016年に立ち上げた。FIT向け着地型ツアーは、宿泊客の多い大阪を起点に関西を手軽に回る商品が不足していたので人気商品に育っている(京都や奈良に特化した定期観光バスは以前から存在するものの、それぞれ地元のバス事業者が京都駅、奈良駅発着で運行するのみだった)。いずれも、乗合バス事業者系旅行会社ならではの特徴のうち、強み(資金力や人的リソース)を活かし弱み(保守的な社風)を排除した顧客志向の強い新サービスで、同社には以前から注目している。

 さて、発表いただいた新サービスの骨子は以下のようなものだ。

・大阪~京都~金沢~白川郷~高山~富士五湖~東京のルートで、バスが毎日1往復する(実際の運用上、バスは片道当たり2台必要で、上り下り合計で毎日4台走る)
・旅行者は、一人当たり20,000円を支払って「大阪→東京(またはその逆)」または「大阪→高山→大阪(または東京→高山→東京)」の区間で、一定期間内で乗降自由となる。(法的な立て付けは募集型企画旅行である)
・FITに人気の観光地では、バスは観光施設などに立ち寄り、下車観光の時間を確保する。昼時には昼食も用意される

 バスは毎日1往復、ダイヤ通りに運行される。旅行者は、高山など途中で降りて自由に観光、宿泊し、24時間(または48時間)後に来るバスで次の地点まで移動すればいい。

 実は、この商品が運行される区間の多くには、並行して多くの高速バスが走っている。富士五湖~新宿では30分間隔と頻発している。1往復だけのこの商品を運行(催行)する価値はどこにあるのだろう?

12月5日に開催されたセミナー、第5回「高速バス・マネジメント・フォーラム」。テーマは「自動運転バス」「個人旅行化が進む観光」「バス事業者の広報」という3つ

 高速バスなど公共交通を乗り継いで個人旅行する際の大きなストレスが、手荷物である。特にFITは、昼間の観光に必要な小さいバッグ(カメラなど)と、宿泊先でしか使わない大きいバッグ(着替えや洗面用具)を持って旅行していると考えられるが、大きい方を持ったまま観光するわけにいかず、とはいえ観光の度にロッカー等に預けるのも無駄が多い(費用ともに、「預けた場所に必ず戻る必要がある」のも無駄である)。だが、この新商品では、バスは観光地の駐車場に入り、参加者が戻るまで待機する。大きい方のバッグは、バスの床下トランクに入れたまま、小さい方のバッグだけを持って観光することができる。

 一方で、従来型のバスツアー(中国や台湾など発地の旅行会社が企画するツアー)と比較すると、気に入った地点でバスを降り、その地で宿泊し存分に観光することもできる点が異なる。あるいは、日本滞在中の一部の日程のみこのツアーに参加し、残りは個人で自由旅行を楽しむこともできる。高山などでの宿泊先も、好みのホテルや温泉旅館を旅行者自身が選択することができる。出発から帰着まで丸抱えの発地型ツアーだと「お仕着せ」感が強いが、「自分のペースで旅行できる」点が、発地型ツアーへのアンチテーゼといえる。

 かつ、中国や台湾など訪日観光客市場が大きい国であれば、多様な日本ツアーを現地旅行会社が企画しているが、遠方の国など訪日市場が大きくない国からの訪日客を混乗させることができるので、発地(母国)も多様化すると考えられる。

 さらに、海外の旅行会社がハンドリングしやすい座席管理方法など、着地型ツアーで実績のある同社の海外セールスのノウハウも注ぎ込まれる。前回のコラムで書いたように、「バスを走らせれば勝手に乗客が集まってくる」わけではないので、この点も大きな強みである。

 もっとも、毎日、定期的に催行するというのはリスクが大きい。大阪~高山~東京というメインルートでのみ成立しうるといってもいい商品だろう。

 メインルートから外れた(とはいえ一定のFIT集客を見込める)地域では、高速バスの出番ということになる。日本中を効率よく駆け回りたければ鉄道(JRに乗り放題の「Japan Rail Pass」)が有効だが、訪日リピーターも増えており、地域を絞って「より深い日本」を味わうには、乗り換えなしでデスティネーションに直行できるバスが強い。ところが、「地方の人の大都市への足」として成長してきた我が国の高速バスは、観光客よりむしろ地元在住のヘビーユーザーを向いており、地方部では地元の人向けのパーク&ライド駐車場に停留所がある一方、観光施設や宿泊施設に直接乗り入れる例はさほど多くない。

 なにせ「地方の人の都市への足」であるため、地方側の朝に発車し大都市へ向かう便(路線によっては早朝4時台に出発し9時前に新宿や梅田に着く便は人気だ)と、夕方以降に大都市を出て地方に帰る便(これも、最終便は24時を優に超えて地元に帰着する)の乗車率は高めである。逆に、観光客の利用を見込める、大都市を朝に出る便と、夕方以降に大都市に戻る便の乗車率は今一つだ。それらの便について、まずは観光施設への乗り入れ、最終的には立ち寄り観光など「バスツアー」的な要素を上乗せした商品へ昇華させる必要がある。

 最終的には、例えば、「チェックアウト時に宿泊施設に荷物(着替えなどが入った大きい方)を預ければ、当日の夕方に次の宿泊先に届けてくれる」手荷物託送サービスなど、個人旅行者支援の仕組みも必要だ。宅配便は、域内での集配は日中に行うが、広域の輸送は深夜の夜行トラックが中心のため、通常サービスだと一晩かかってしまい「今晩泊まる宿で、着替えや洗面用具がない」状態になってしまう。域間の輸送を、規制緩和によって認められた「貨客混載」モデルを活用し高速バスの床下トランクで行うようにすれば、当日の夕方までにその日の宿泊施設に荷物を届けられるようになる。

 観光地どうしを結ぶ二次交通の充実もまた求められる。国内市場だけを相手にしていた頃は、「お隣の観光地」はライバルであったが、FITを想定すると「お隣の観光地」はチームメイトに変わる。それらを横ぐしに刺して旅行する環境整備が必要である。

 もっとも、「全国にまんべんなくFITが旅行しやすい環境を」というわけにもいかない。だからこそ、ある程度人気のある周遊ルートにリソースを集中させる「観光回廊(コリドー)」作りが重要なのである。

 高速バス事業者の多くは「自分たちは“運輸”の仕事。地味で目立たないが、地元、沿線の人の役に立つ存在」という自画像を描く。むろん、それは間違ってはいない。だが、その自画像にもう一つ「観光という、この国の“次の生きざま”の一翼を担う」という色を上塗りすることこそ、第一歩である。逆にデスティネーション側では、従来の、国内大手旅行会社の「仕入れ」担当や、中国や台湾など発地の旅行会社(またはその手配代行業者)に加え、高速バスや鉄道など交通事業者もまた、観光の重要なプレーヤーだと認識いただきたい。

 神姫バスツアーズが挑戦する、「高速バスとバスツアーの中間」という新サービスが、高速バス事業者らとツーリズム産業をどう変化させていくか、楽しみである。

「テーマ2:個人旅行化が進む観光とバス事業」で興味深いサービスを語った、神姫バスツアーズ 阪田悦規 取締役

●関連リンク

執筆者: 成定竜一 - 
高速バスマーケティング研究所株式会社代表。高級都市ホテルチェーンを退社後、06年に楽天バスサービス株式会社に入社。楽天トラベル「高速バス予約」サービスの事業責任者を経て、同社取締役に就任する。11年に退職すると、高速バスマーケティング研究所を設立。国土交通省「バス事業のあり方検討会」委員(10年度)、「国内観光の振興・国際観光の拡大に向けた高速バス・LCC等の利用促進協議会」(15年度~)などを歴任する。

成定竜一新着記事

  • どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

    高速バスを運行するバス事業者は、地元で幅広く生活関連産業を展開する「地元の名士」が多い。地元の中小企業経営者にとっては雲の上の存在になってしまっていて、その声を拾い上げることさえできていない。一方、デスティネーション側には、バスは、七福神が乗ってくる「宝船」のように、海の向こうから宝物を乗せてやってくる有難い存在だという誤った認識がいまだに残っている。

    2017年11月10日

    成定竜一

  • 新たな「フェニックス族」――都市と地方の新たな関係

    高速バスの歴史を考える際のキーワードの一つに「フェニックス族」という言葉がある。鉄道だと大回りで相当時間がかかる宮崎~福岡間で、宮崎交通と西鉄らが、共同運行の高速バスを運行開始したのは1988年だ。次々に増便を繰り返し現在では29往復という人気路線に成長した

    2017年9月12日

    成定竜一

  • バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    首都圏~京阪神を結ぶ夜行高速バスに、「完全個室」などの超豪華車両の登場が相次いでいることは以前ご紹介した。実は、都市間を結ぶ夜行高速バスのみならず、旅行会社が企画するバスツアー用の貸切バスの分野でも超豪華バスが続々と登場している

    2017年7月19日

    成定竜一

  • 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    我が国のツーリズム産業は、変化すべき方向性を理解しているように見えて、その変化はなかなか進まない。本当に「旅行者一人ひとりが、自身の興味関心に基づく内容のオーダーメイド旅行を、ストレスなく予約し、ストレスなく実行できる」環境が実現するためには、商品(往復の交通、現地での観光や宿泊)サイドと、流通(「行ってみたい」と感じる→旅程作成→予約完了まで)サイドの両方が、バランスを取りながら変化し続けなければならない。構造的な変化を求められているのだ。

    2017年6月26日

    成定竜一

  • 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    インバウンドの旅行形態が昨年から急速に変化した。1.個人化 2.全国化 3.体験化した。バス業界では、貸切バス分野が失速し、インバウンド対応の主役が高速バス分野へと交代しつつある。では、貸切バス事業者にとってマイナスばかりなのだろうか?

    2017年5月29日

    成定竜一

  • 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    2016年春から夏にかけてバス業界に大きな変化が起こった。中国からのインバウンド・ツアーが急減し、貸切バスの稼働率が低下したのだ。中国からのツアーへの依存度が大きかった事業者では、稼働は半減したという。インバウンドはバス業界にとって一時的な現象だったのか?

    2017年3月21日

    成定竜一

  • 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    今年に入り、高速バスに「超豪華車両」の登場が続いている。先陣を切ったのは「ドリーム・スリーパー2」。超豪華車両は、主に東京~大阪間に投入される。東京~大阪というといかにも大動脈だが、実は高速バスにとって開拓が遅れていた市場だ。

    2017年2月9日

    成定竜一

  • 「コメの文化」と我が国のバス事業

    日本は「コメ」(稲)文化だ。稲は一粒の種籾からの収量が多い。そのため、狭い土地で多くの人口を養える。土地生産性が大きいのだ。日本の太平洋ベルト地帯のような大人口の地域は欧州や北米にほぼ存在しない。脊梁山脈を背にした狭い可住地に多数の人が肩を寄せ暮らす、というのが日本の構図だ。そして、この人口密度の大きさは、路線バスをはじめとした公共交通を事業として営む上で極めて有利だ。

    2017年1月10日

    成定竜一