ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方

2017年5月28日
TBS系の日曜劇場で放送されている『小さな巨人』が佳境に入り、盛り上がってきた。刑事ドラマは『踊る大捜査線』以降、警視庁と所轄という警察内の階級が生み出す縦割り問題を通して、会社組織の中で働く公務員としての刑事たちの葛藤を描いてきた。本作もその流れを汲む作品で、警察組織の派閥争いに苦しめられながらも警察官としての使命をまっとうしようとする刑事たちの姿が、同じように会社の派閥争いに頭を悩ませている中高年の男性視聴者から高く評価されている。
 TBS系の日曜劇場(日曜夜9時)で放送されている『小さな巨人』が佳境に入り、盛り上がってきた。 

 警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査第一係係長として数々の事件を解決してきた香坂真一郎(長谷川博己)は、上司の警視庁捜査一課長の小野田義信(香川照之)と料亭で会食をした後、飲酒運転の車を取り調べた際に相手の車に傷をつけてしまう。その時、日本酒を飲んでいたことが問題となり、香坂は所轄の芝署へと左遷されてしまう。

 物語は、出世コースから転落した香坂が、現場の刑事たちと難事件を解決していく姿を描く一方で、上司の小野田が香坂を陥れたのではないか? という警察組織内での激しい派閥抗争が描かれていく。

 刑事ドラマは『踊る大捜査線』(フジテレビ系)以降、警視庁と所轄という警察内の階級が生み出す縦割り問題を通して、会社組織の中で働く公務員としての刑事たちの葛藤を描いてきた。本作もその流れを汲む作品で、警察組織の派閥争いに苦しめられながらも警察官としての使命をまっとうしようとする刑事たちの姿が、同じように会社の派閥争いに頭を悩ませている中高年の男性視聴者から高く評価されている。

 こういった組織描写は、日曜劇場が池井戸潤・原作小説のドラマを通して描き続けてきたことだ。最も有名なのは、メガバンクでの派閥争いを描き高視聴率を獲得した『半沢直樹』だろう。

 『小さな巨人』は、監修の福澤克雄を筆頭とする『半沢直樹』のチームによって制作されている。ドラマ自体はオリジナルだが、『半沢直樹』や『下町ロケット』といった池井戸潤の原作小説のテイストは『小さな巨人』にも受け継がれており、警察版『半沢直樹』とでも言うような話となっている。

 本作における警察組織は魑魅魍魎が集う伏魔殿だ。何度も繰り返される「敵は味方のフリをする」という台詞は、「クレタ人はみな嘘つきだ」というエピメニデスのパラドックスを思わせる言葉だが、当初は香坂を陥れようとする悪役かと思われた小野田が、香坂を助けたり、逆に味方だと思っていた優しい顔の男が実は敵と通じていたりと、人間関係は複雑でめまぐるしく変化。誰が味方で誰が敵かわからないため、絶えずドラマ内に緊張感が走っている。

 キャラクターもそれぞれ個性的。長谷川博己が演じる主人公の香坂は、長谷川が『シン・ゴジラ』で演じた内閣官房副長官・矢口蘭堂を警察官僚にしたような男だ。『シン・ゴジラ』もまた怪獣映画という枠組みの中で日本の官僚組織を描いた作品で、『下町ロケット』等の池井戸潤作品と比較されて語られていたが、香坂も品行方正なヒーローというよりは腹に野心を抱えた一筋縄ではいかない策略家だ。

 香坂のようなエキセントリックで頭がキレる男を演じさせると長谷川博己は実にうまく、圧倒的な存在感を見せつけている。なお、奥さん役を演じたのは『シン・ゴジラ』で共演した市川実日子だというのはファンとしては嬉しいところ。息が詰まるシーンが続く中で香坂の家庭パートは一服の 清涼剤となっている。

 一方、小野田を演じる香川照之は、単なる悪役という枠を超えた『半沢直樹』以降の日曜劇場の看板とでも言う存在だ。リアルな中年男性を演じても充分うまい俳優なのだが、この日曜劇場に悪役として出演する時の香川照之の演技はケレン味たっぷりで、組織の闇を象徴する怪物として香坂たちの前に立ちはだかる。

 テレビドラマは映画にくらべると顔のアップや説明台詞が多く、それが欠点として語られがちだ。しかし、『小さな巨人』は役者の顔のアップをいかにカッコよく見せるかということに特化した結果、独自の様式美に昇華している。

 登場人物の多くが背広を来た中年男性であるため、渋い大人のドラマに見えるが、見せ方や台詞回しはとても派手で、歌舞伎の見得のようなケレン味があるので見ていて飽きない。中でお歌舞伎俳優の血筋ということもあるのか香川照之の顔と声の威圧感は凄まじく、文字通り"本作の顔”となっている。『半沢直樹』で完成した顔と台詞のケレン味で見せる男たちの闘争劇は、本作でより激しさを増している。

 第6話からは、物語は新章に突入。香坂は捜査情報を新聞社にリークした処分を受けて、豊洲署へと異動となる。そこで早明学園の事務局で経理を担当していた男の失踪を捜査しているうちに警察組織の闇と直面してしまう。

 理事長を和田アキ子、学園の専務で元警視庁捜査一課長の富永拓三を梅沢富美男が演じるという相変わらず濃いキャスティングだが、それ以上に気になるのが、世間を騒がせている森友学園建設を巡る“忖度”の問題を彷彿とさせる物語だろう。オリジナル作品だから可能だったということを差し引いても、政治ネタは避けられがちな日本のテレビドラマで、森友学園ネタをここまでやるのは、見事な快挙である。

 敵か味方かわからない小野田の正体をどう描くのかと同様、森友学園の問題に、どこまで踏み込むのかにも注目している。


■TBS日曜劇場『小さな巨人』 日曜午後9時~

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • プログラミング不要で導入可能! チャットボット徹底攻略【後編】

    お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。前編では、チャットボットに何ができるか、また既にビジネスで活用されているチャットボットの事例をいくつか紹介しました。後編では、チャットボットでできることと、作成ツールを紹介しましょう。

    2018年10月17日

    コラム

  • 着地型ツアーのダークホース? 「観光タクシー」の可能性

    インバウンドを加速させるために、着地型旅行や個人旅行をより活性化することが求められています。しかし旅先における二次交通の不在がそれを阻んでいます。二次交通の代表であるタクシーがサービス業としての役割を果たせるなら? 観光需要を掘り起こす道筋を高速バスマーケティング研究所代表の成定竜一さんが探ります。

    2018年10月11日

    コラム

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

    2018年9月27日

    コラム

  • NHKドラマ『透明なゆりかご』 私たちのすぐとなりにある現実。働く男性にこそ、見てほしい

    NHKで金曜夜10時から放送されているドラマ『透明なゆりかご』は、海辺にある小さな病院・由比産婦人科を舞台にした物語です。時代は1997年。高校の准看護学科で学ぶ17歳の青田アオイは、産婦人科で看護師見習いとして働くことになります。

    2018年9月14日

    コラム

  • 中小企業の生命保険活用法! 

    中小企業経営者で生命保険について理解しているかたは意外と多くありません。今回はそんな保険の入り方についてです。

    2018年9月12日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

    2018年9月7日

    コラム

  • 人手をかけない売上アップ・お客様満足アップの切り札に! チャットボット徹底攻略【前編】

    新規のお客様からの問い合わせは、商談につながる重要なきっかけです。また、既存のお客様からの問い合わせや手続きは、お客様の満足度を高め次の注文につなげるためのチャンスです。とはいえ、問い合わせに答えるだけでは売上にも利益にもつながりませんから、できれば省力化したいもの。お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。

    2018年9月6日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

    2018年9月4日

    コラム