朝ドラ『ひよっこ』 美しい「労働観」に人々は理想の職場を重ねた

2017年9月27日
今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれている。
 今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれていると毎回感心させられた。

NHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』[総合](月~土)午前8時~8時15分ほか

 物語の主人公は奥茨城村で暮らす谷田部みね子(有村架純)。高校卒業は稼業を手伝う予定だったが、父親の実(沢村一樹)が東京で失踪したために、父親を探しながら、実家に仕送りするために上京して働くことになる。

 みね子の勤め先となったのはトランジスタラジオの製造工場を経営する向島電機。工場にはみね子と同じように集団就職で全国から上京してきた女の子たちが働きに集まっていた。

 みね子は乙女寮と呼ばれる宿舎で共同生活を送りながら働くようになるのだが、流れ作業でラジオの部品を組み立てていく仕事に中々慣れることができない。みね子は特別な才能も突出し行動力もない普通の女の子だ。仕事を覚えるのも苦手で、工場での仕事も、焦って失敗を繰り返してしまう。

 そんな不器用なみね子が、心理的に追い詰められていく姿と並行して、みね子を優しく見守る寮長の永井愛子(和久井映見)や、みね子のことでケンカを始める幼馴染の助川時子(佐久間由衣)たち乙女寮の面々の姿を描くことで、若い女の子にとって働くということはどういうことかを多角的に描き出していた。見どころ満載の『ひよっこ』だが「働くこと」の苦労と喜びを群像劇として描いていた乙女寮編が個人的には一番楽しかった。

 その後、オリンピック景気の反動で需要が落ち込み、企業が過剰な在庫を抱えたことで起きた不況のあおりを受けて、向島電機は倒産してしまう。失業したみね子は、洋食屋の「すずふり亭」で、ホール係として働くことになる。

 再び、一から仕事に取り組むことになるみね子。仕事を始めてからお皿を一度も割ったことがなかったことが自慢だったが、ある日ついにお皿を割ってしまう。

 落ち込んでいるみね子に料理長の牧野省吾(佐々木蔵之介)は、職場で忙しい時に、乱暴なしゃべり方をしたのを怖がっているのではないかと心配する。それはすぐに勘違いだとわかるのだが、牧野は、自分が修行時代に体験した、上の人間が下に対して行っていた乱暴な振る舞いと、軍隊での過酷な体験について語り、ミスをした人間を怒鳴るのは「嫌いなんだよ」だと、自分の信念を語る。(第65話)。

 このシーンを見ていて思い出したのは牧野を演じる佐々木蔵之介がシェフの役で出演していた岡田惠和・脚本の『バンビ~ノ!』(日本テレビ系)だ。

 本作は料理人志望の若者・伴省吾(松本潤)がイタリアン・レストランで修行することで成長していく姿を描いた料理人の成長物語だったのだが、描写が過酷だったのを覚えている。伴は厨房やホールを転々としながらレストランで働くことの意味を学んでいくのだが、その過程で乱暴に怒鳴られたり、厳しく当たられる場面もあった。もちろん、そういった叱咤激励自体にはちゃんと理由があったので「怒鳴られるのも仕方ないことだ」と納得して見ていたのだが、今の基準で考えれば、パワーハラスメントのはびこるブラックな労働現場だと思われても仕方がないかもしれない。

 『バンビ~ノ!』よりも過去を舞台にした『ひよっこ』のすずふり亭は、とてもホワイトな職場なので、時代背景を考えると違和感はあるのだが、おそらく作り手は、現代にも通じる理想の職場として「すずふり亭」を描きたかったのだろう。

 向島電機でも、作業のミスを繰り返してきた青天目澄子(松本穂香)に対して工場主任の松下明(奥田洋平)が「働く気ないならクビにするぞ。田舎帰れ!」と怒鳴ると女性職員全員が凄い目で見る場面があった(第38話)。

 工場長自体が今まで温和な人物として描写されていたため、コミカルな見せ方だったが、テレビドラマでよくある、上司が部下を怒鳴る場面に対して「こういう対応はいけない」とNOを突きつけたシーンとして、画期的だった。
 テレビドラマでは『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)以降の流れだが、理知的なやりとりを通して「理想の人間関係」を描こうという試みは、各所で増えている。『ひよっこ』もその流れを汲む作品で、魅力的な職場や人間同士のやりとりを、フィクションを通して描くことで「こんな世の中だったらいいよね」という「理想」を全面に打ち出したからこそ、多くの人々に受け入れられたのだろう。

 こういう風に作られた物語が、過酷な現実をやり過ごすための癒しで終わるのか、現実を変えていく力となるのかは、まだわからない。だが、『ひよっこ』で描かれた人と人の関わり方を、少しでも美しいと思えたのなら、試しに実践してみるのも悪くないと思う。多分、世の中というのは、そういうささいなことがきっかけで、ゆっくりと変わっていくのだから。

■NHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』
[総合](月~土)午前8時~8時15分ほか

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

成馬零一新着記事

  • 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっている。

    2018年2月14日

    成馬零一

  • NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

    NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。

    2017年12月22日

    成馬零一

  • ドラマ「先に生まれただけの僕」から、変わりゆく日本的経営を考える

    日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ。面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。

    2017年11月30日

    成馬零一

  • 映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

    ダンス&ボーカルグループEXILE TRIBEや三代目J Soul Brothersが所属する芸能事務所LDHが中心となって展開している『HiGH&LOW』(以下、『ハイロー』)というプロジェクトをご存知だろうか? 『ハイロー』の魅力は作品の物語もさることながら、このプロジェクトを立ち上げたLDHと会長のHIROの会社としてのフロンティアスピリット、それ自体が巨大な物語として背後に透けてみえることだ。

    2017年10月25日

    成馬零一

  • ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

    医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。フジテレビ系の「月9」で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。

    2017年8月28日

    成馬零一

  • ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

    2017年7月7日

    成馬零一

  • ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ。

    2017年6月16日

    成馬零一

  • ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方

    TBS系の日曜劇場で放送されている『小さな巨人』が佳境に入り、盛り上がってきた。刑事ドラマは『踊る大捜査線』以降、警視庁と所轄という警察内の階級が生み出す縦割り問題を通して、会社組織の中で働く公務員としての刑事たちの葛藤を描いてきた。本作もその流れを汲む作品で、警察組織の派閥争いに苦しめられながらも警察官としての使命をまっとうしようとする刑事たちの姿が、同じように会社の派閥争いに頭を悩ませている中高年の男性視聴者から高く評価されている。

    2017年5月28日

    成馬零一