朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

2018年2月14日
連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっている。
 連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。

NHK『連続テレビ小説「わろてんか」』[総合](月~土)午前8時~8時15分ほか

 笑うことが好きな少女・てんは幼い頃に若手芸人・北村藤吉(松阪桃李)と出会い、大人になると結婚、紆余曲折の後、かつての芸人仲間の協力のもとで寄席小屋「北村笑店」を立ち上げることになる。

 物語は明治末の京都から始まり大阪へと舞台を移し、大正、昭和と時代が進んでいくのだが、見ていて面白いのは、ユニークで癖の強い登場人物たちだ。

 主人公のてんと夫の藤吉を中心に彼らを取り囲むのは、活動写真に情熱を注いでいる青年実業家・伊能栞(高橋一生)、元・旅芸人で活動写真の女優へと転身する秦野リリコ(広瀬アリス)、てんの幼なじみで、後に「北村笑店」の総支配人として、てんたちを支えることになる武井風太(濱田岳)。

 他にも舶来屋キース(大野拓朗)、万丈目吉蔵(藤井隆)、潮アサリ(前野朋哉)といった、最初はダメダメだった芸人たちが、次第に成長していき独自の芸を身に着けていく姿も面白い。

 連続テレビ小説というとヒロインの成長物語が中心になりがちだが、本作はサブキャラも魅力的で、次はあのキャラクターがどうなっていくのか? と目が離せない。

 同時に面白いのは、てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっていることだ。

 てんが嫁いだ北村家の米問屋が借金で破産して以降、てんたちは芸人仲間たちが暮らす貧乏長屋に引っ越して、藤吉の夢である寄席小屋を開こうとする。

 そのために大阪の小屋を当たるのだが、中々いい条件の小屋を見つけることができない。なんとか寄席を買い取り「北村笑店」を開いても、客も集まらず中々経営が軌道に乗らない。

 二人の前には次から次へと難問が押し寄せる。

 本作で描かれる寄席の経営にまつわるトラブルの話はお笑いに興味がない人でも仕事をしている人ならば面白いのではないかと思う。

 藤吉の母・北村啄子(鈴木京香)が商売の基本として言う北村家の家訓、無駄な出費をせずに使うべき時にお金を使う「始末」、どこに商売の商機があるかを見極め誰もやっていないことをやるという「才覚」、金勘定ではなく損して得取れという「算用」の三文字が挙げられる。これにてんの姿を見て啄子が追加した“人は財なり”という「人財」の四本柱が「北村笑店」の家訓となるのだが、これはどんな仕事にも通じる考え方だろう。

 その後、てんたちは、芸人を寄席に派遣する「太夫元(たゆうもと)」の寺ギン(兵動大樹)率いるオチャラケ派と喜楽亭文鳥(笹野高史)が率いる伝統派の派閥抗争の間でいかに自分の寄席に芸人に出てもらうかという苦労や、「落語会の風雲児」と呼ばれる天才芸人・月の井団吾(波岡一喜)に自分の寄席に出てもらおうと藤吉が四苦八苦する中、所属芸人がストライキを起こすといった物語が展開される。

 ある時、寺ギンから派遣されている芸人がケガをして高座に上がれなくなり収入が途切れてしまい、みかねたてんがこっそりとお金を渡す。しかしその行動を、自分のところの芸人を引き抜こうとしていると勘ぐった寺ギンとの対立が激化し、風鳥亭に派遣されていた芸人たちは全員引き上げられてしまう。

 ここで印象的だったのは、藤吉とてんが、万丈目たち古参の芸人を月給制で雇うことに決める場面だ。芸人といえば番組の出演に左右される歩合制の給金で、借金を抱えながらその日暮らしの者も多かった背景を考えると、生活の見通しの立つ月給制を取り入れると言うのは画期的なことだ。

 この辺りは、非正規雇用のブラック労働の問題として現代でも通じるシビアな話ではないかと思う。最終的に寺ギンに反旗を翻した芸人たちの借金を北村商店が肩代わりすることで全員北村笑店に集団で移籍するという逆転劇を見せるのだが、華やかな芸能の物語の節々に、働き方をめぐる諸問題を取り込んでいるのが、見ていて面白い。

 昔から、芸人を主人公にした物語は多数あるものの、事業や雇用という観点から、ここまで踏み込んだドラマは、これまでなかったのではないかと思う。
 最近では月の井団吾がラジオに出演するかどうかという問題を巡っての対立が面白かった。

 ラジオで落語が聞けるようになったら、寄席に人が来なくなるといってラジオ出演を阻もうとする武井風太に対し“面白い落語のためなら客は来る”と主張し団吾はラジオに強行出演する。そこで演じたのが病床に伏せていた藤吉に向けた落語「死神」だと言うのが泣かせる。

 『わろてんか』は現在、藤吉が物語から退場し、今後はてんが寄席を切り盛りしていく話になっていく。

 変わりゆく時代に対応しながら、事業を拡大し、その時代ならではの「笑い」を追求してきた「北村笑店」はどこに向かうのか? 残り二ヶ月、とくと見極めたい。

■NHK『連続テレビ小説「わろてんか」』
[総合](月~土)午前8時~8時15分ほか

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • NHKドラマ『透明なゆりかご』 私たちのすぐとなりにある現実。働く男性にこそ、見てほしい

    NHKで金曜夜10時から放送されているドラマ『透明なゆりかご』は、海辺にある小さな病院・由比産婦人科を舞台にした物語です。時代は1997年。高校の准看護学科で学ぶ17歳の青田アオイは、産婦人科で看護師見習いとして働くことになります。

    2018年9月14日

    コラム

  • 中小企業の生命保険活用法! 

    中小企業経営者で生命保険について理解しているかたは意外と多くありません。今回はそんな保険の入り方についてです。

    2018年9月12日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

    2018年9月7日

    コラム

  • 人手をかけない売上アップ・お客様満足アップの切り札に! チャットボット徹底攻略【前編】

    新規のお客様からの問い合わせは、商談につながる重要なきっかけです。また、既存のお客様からの問い合わせや手続きは、お客様の満足度を高め次の注文につなげるためのチャンスです。とはいえ、問い合わせに答えるだけでは売上にも利益にもつながりませんから、できれば省力化したいもの。お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。

    2018年9月6日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

    2018年9月4日

    コラム

  • 企業の電話対応が劇的に変わる!? CTIの上手な活用方法【後編】

    会社に入ったばかり、新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか? そんな恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。シリーズ後編ではユニークな活用事例をお伝えします。

    2018年8月31日

    コラム

  • TVドラマ『dele』 二人の軽妙な会話が作り出す、今までにない“新しい”バディもの

    テレビ朝日系金曜深夜の『dele』はデジタル遺品を題材とした連続ドラマだ。物語の舞台は、依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホに触らないと通知が行き、デジタル遺品を消去してくれる会社。この会社を経営する車椅子のプログラマー・坂上圭司(山田孝之)と、会社に雇われている何でも屋の真柴佑太郎(菅田将暉)の二人が、デジタル遺品の消去を依頼した故人のことを調べるうちに意外な真相にたどり着くというのが、本作の見所だ。

    2018年8月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

    2018年8月9日

    コラム