朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

2018年2月14日
連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっている。
 連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。

NHK『連続テレビ小説「わろてんか」』[総合](月~土)午前8時~8時15分ほか

 笑うことが好きな少女・てんは幼い頃に若手芸人・北村藤吉(松阪桃李)と出会い、大人になると結婚、紆余曲折の後、かつての芸人仲間の協力のもとで寄席小屋「北村笑店」を立ち上げることになる。

 物語は明治末の京都から始まり大阪へと舞台を移し、大正、昭和と時代が進んでいくのだが、見ていて面白いのは、ユニークで癖の強い登場人物たちだ。

 主人公のてんと夫の藤吉を中心に彼らを取り囲むのは、活動写真に情熱を注いでいる青年実業家・伊能栞(高橋一生)、元・旅芸人で活動写真の女優へと転身する秦野リリコ(広瀬アリス)、てんの幼なじみで、後に「北村笑店」の総支配人として、てんたちを支えることになる武井風太(濱田岳)。

 他にも舶来屋キース(大野拓朗)、万丈目吉蔵(藤井隆)、潮アサリ(前野朋哉)といった、最初はダメダメだった芸人たちが、次第に成長していき独自の芸を身に着けていく姿も面白い。

 連続テレビ小説というとヒロインの成長物語が中心になりがちだが、本作はサブキャラも魅力的で、次はあのキャラクターがどうなっていくのか? と目が離せない。

 同時に面白いのは、てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっていることだ。

 てんが嫁いだ北村家の米問屋が借金で破産して以降、てんたちは芸人仲間たちが暮らす貧乏長屋に引っ越して、藤吉の夢である寄席小屋を開こうとする。

 そのために大阪の小屋を当たるのだが、中々いい条件の小屋を見つけることができない。なんとか寄席を買い取り「北村笑店」を開いても、客も集まらず中々経営が軌道に乗らない。

 二人の前には次から次へと難問が押し寄せる。

 本作で描かれる寄席の経営にまつわるトラブルの話はお笑いに興味がない人でも仕事をしている人ならば面白いのではないかと思う。

 藤吉の母・北村啄子(鈴木京香)が商売の基本として言う北村家の家訓、無駄な出費をせずに使うべき時にお金を使う「始末」、どこに商売の商機があるかを見極め誰もやっていないことをやるという「才覚」、金勘定ではなく損して得取れという「算用」の三文字が挙げられる。これにてんの姿を見て啄子が追加した“人は財なり”という「人財」の四本柱が「北村笑店」の家訓となるのだが、これはどんな仕事にも通じる考え方だろう。

 その後、てんたちは、芸人を寄席に派遣する「太夫元(たゆうもと)」の寺ギン(兵動大樹)率いるオチャラケ派と喜楽亭文鳥(笹野高史)が率いる伝統派の派閥抗争の間でいかに自分の寄席に芸人に出てもらうかという苦労や、「落語会の風雲児」と呼ばれる天才芸人・月の井団吾(波岡一喜)に自分の寄席に出てもらおうと藤吉が四苦八苦する中、所属芸人がストライキを起こすといった物語が展開される。

 ある時、寺ギンから派遣されている芸人がケガをして高座に上がれなくなり収入が途切れてしまい、みかねたてんがこっそりとお金を渡す。しかしその行動を、自分のところの芸人を引き抜こうとしていると勘ぐった寺ギンとの対立が激化し、風鳥亭に派遣されていた芸人たちは全員引き上げられてしまう。

 ここで印象的だったのは、藤吉とてんが、万丈目たち古参の芸人を月給制で雇うことに決める場面だ。芸人といえば番組の出演に左右される歩合制の給金で、借金を抱えながらその日暮らしの者も多かった背景を考えると、生活の見通しの立つ月給制を取り入れると言うのは画期的なことだ。

 この辺りは、非正規雇用のブラック労働の問題として現代でも通じるシビアな話ではないかと思う。最終的に寺ギンに反旗を翻した芸人たちの借金を北村商店が肩代わりすることで全員北村笑店に集団で移籍するという逆転劇を見せるのだが、華やかな芸能の物語の節々に、働き方をめぐる諸問題を取り込んでいるのが、見ていて面白い。

 昔から、芸人を主人公にした物語は多数あるものの、事業や雇用という観点から、ここまで踏み込んだドラマは、これまでなかったのではないかと思う。
 最近では月の井団吾がラジオに出演するかどうかという問題を巡っての対立が面白かった。

 ラジオで落語が聞けるようになったら、寄席に人が来なくなるといってラジオ出演を阻もうとする武井風太に対し“面白い落語のためなら客は来る”と主張し団吾はラジオに強行出演する。そこで演じたのが病床に伏せていた藤吉に向けた落語「死神」だと言うのが泣かせる。

 『わろてんか』は現在、藤吉が物語から退場し、今後はてんが寄席を切り盛りしていく話になっていく。

 変わりゆく時代に対応しながら、事業を拡大し、その時代ならではの「笑い」を追求してきた「北村笑店」はどこに向かうのか? 残り二ヶ月、とくと見極めたい。

■NHK『連続テレビ小説「わろてんか」』
[総合](月~土)午前8時~8時15分ほか

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

成馬零一新着記事

  • NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

    NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。

    2017年12月22日

    成馬零一

  • ドラマ「先に生まれただけの僕」から、変わりゆく日本的経営を考える

    日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ。面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。

    2017年11月30日

    成馬零一

  • 映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

    ダンス&ボーカルグループEXILE TRIBEや三代目J Soul Brothersが所属する芸能事務所LDHが中心となって展開している『HiGH&LOW』(以下、『ハイロー』)というプロジェクトをご存知だろうか? 『ハイロー』の魅力は作品の物語もさることながら、このプロジェクトを立ち上げたLDHと会長のHIROの会社としてのフロンティアスピリット、それ自体が巨大な物語として背後に透けてみえることだ。

    2017年10月25日

    成馬零一

  • 朝ドラ『ひよっこ』 美しい「労働観」に人々は理想の職場を重ねた

    今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれている。

    2017年9月27日

    成馬零一

  • ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

    医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。フジテレビ系の「月9」で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。

    2017年8月28日

    成馬零一

  • ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

    2017年7月7日

    成馬零一

  • ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ。

    2017年6月16日

    成馬零一

  • ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方

    TBS系の日曜劇場で放送されている『小さな巨人』が佳境に入り、盛り上がってきた。刑事ドラマは『踊る大捜査線』以降、警視庁と所轄という警察内の階級が生み出す縦割り問題を通して、会社組織の中で働く公務員としての刑事たちの葛藤を描いてきた。本作もその流れを汲む作品で、警察組織の派閥争いに苦しめられながらも警察官としての使命をまっとうしようとする刑事たちの姿が、同じように会社の派閥争いに頭を悩ませている中高年の男性視聴者から高く評価されている。

    2017年5月28日

    成馬零一