中小企業経営者にとっての自宅は「賃貸」か?「購入」か?(続編)

2018年3月1日
前回のコラムでは、借上げ社宅制度を使って給与を家賃にできるのであれば、所得税(所得税+住民税)にすることで、仮に月額家賃を60万円とした場合、自宅を賃貸にしたほうが10年間で1,148万円も得することをお話ししました。
 前回のコラムでは、借上げ社宅制度を使って給与を家賃にできるのであれば、所得税(所得税+住民税)にすることで、仮に月額家賃を60万円とした場合、自宅を賃貸にしたほうが10年間で1,148万円も得することをお話ししました。

 今回は経営上ではよくある意思決定の考え方をしてみましょう。短期的(住宅ローン控除有効期間)な損得ではなく、意思決定の材料にするうえで長期的な損得という考え方をつけ加えると、 住宅ローン控除がなくなる10年後には、1,548万円さらに損得が異なることになります。

 20年間で、「総額1,548万円ー400万円(最初の10年間)+1,548万円(その後の10年間)」。つまり2,696万円、賃貸のほうがお得だということになります。

 しかし、この年間のフローだけで意思決定してよいのでしょうか? エグジット(出口戦略)をしっかり想定して意思決定しなければ、結果として損することも往々にしてあります。

 さらに経営として意思決定する上でのストックの概念で考えてみましょう。

 購入をストック面でみてみます。20年間で60万円/月の返済を続けていると、支払総額は年間720万円、20年間で1億4400万円になります。半分が利息、元本返済が半分と仮定しても7,200万円の返済が終わっていることになります。

 20年後も買った金額と同じ金額で売れた場合には、7,200万円の現金が入ってきます(個人の居住用住宅売買特例等あれば税金はほとんどかかりません)。

 賃貸と比較すると賃貸にはストックがないので一気に逆転して購入の方が、「7,200万円ー2,696万円」、つまり4,504万円得するという結果になります。

 仮に20年後に4,504万円まで値下がりした場合でも、差し引きトントンということになります(実は時間的価値があるので1年目から154万8,000円の得をしたほうが価値は高いのですが・・・)。将来、不動産(購入した自宅)がいくらで売れるかはだれにもわからないので、そのあたりはあまり期待しても意思決定材料としてそぐわなくなることも念頭に置いておきましょう。

 色々な視点から材料を出して意思決定する際には、自身がなにを重要に考えているかをまず見極めることです。

 人生最大の買い物といわれる自宅ですが、経営者はそれ以上の意思決定を迫られる機会が度々あります。様々な視点から意思決定のための材料を集めることをお勧めします。

『忙しい社長を救う経理改革の教科書』/幻冬舎・経営者新書/李日生、普川真如 共著

●関連リンク

執筆者: 李 日生 - プレジデントタイム株式会社 代表
慶應義塾大学経済学部卒業後、公認会計士試験合格、監査法人トーマツ国際部に入社・配属。国際企業(商社・通信事業会社・運輸会社等)の連結会計やM&Aを担当、中小企業の経営コンサルティングも数百社経験する。現在はプレジデントタイム株式会社、神宮前アカウンティングファーム株式会社、株式会社H HOLINGS、有限会社ルーベ、神宮前会計を主宰。会計・税務・経営・飲食・不動産等、実際の経営者として代表取締役視点で多岐に及ぶ経験を重ねている(「頭でっかちの机上の空論が大っ嫌い」を自認)。近刊に『忙しい社長を救う経理改革の教科書』(幻冬舎)がある。

コラム新着記事

  • NHKドラマ『透明なゆりかご』 私たちのすぐとなりにある現実。働く男性にこそ、見てほしい

    NHKで金曜夜10時から放送されているドラマ『透明なゆりかご』は、海辺にある小さな病院・由比産婦人科を舞台にした物語です。時代は1997年。高校の准看護学科で学ぶ17歳の青田アオイは、産婦人科で看護師見習いとして働くことになります。

    2018年9月14日

    コラム

  • 中小企業の生命保険活用法! 

    中小企業経営者で生命保険について理解しているかたは意外と多くありません。今回はそんな保険の入り方についてです。

    2018年9月12日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

    2018年9月7日

    コラム

  • 人手をかけない売上アップ・お客様満足アップの切り札に! チャットボット徹底攻略【前編】

    新規のお客様からの問い合わせは、商談につながる重要なきっかけです。また、既存のお客様からの問い合わせや手続きは、お客様の満足度を高め次の注文につなげるためのチャンスです。とはいえ、問い合わせに答えるだけでは売上にも利益にもつながりませんから、できれば省力化したいもの。お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。

    2018年9月6日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

    2018年9月4日

    コラム

  • 企業の電話対応が劇的に変わる!? CTIの上手な活用方法【後編】

    会社に入ったばかり、新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか? そんな恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。シリーズ後編ではユニークな活用事例をお伝えします。

    2018年8月31日

    コラム

  • TVドラマ『dele』 二人の軽妙な会話が作り出す、今までにない“新しい”バディもの

    テレビ朝日系金曜深夜の『dele』はデジタル遺品を題材とした連続ドラマだ。物語の舞台は、依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホに触らないと通知が行き、デジタル遺品を消去してくれる会社。この会社を経営する車椅子のプログラマー・坂上圭司(山田孝之)と、会社に雇われている何でも屋の真柴佑太郎(菅田将暉)の二人が、デジタル遺品の消去を依頼した故人のことを調べるうちに意外な真相にたどり着くというのが、本作の見所だ。

    2018年8月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

    2018年8月9日

    コラム