社歌に出会う旅 1~豊橋商工会議所「社歌ラップ・ワークショップ」~

2017年11月20日
社歌のムーブメントが日本中で中小企業の活気を生んでいます。これまで社歌といえば学校の校歌のような伝統的なものが多かったわけですが、時代の変遷や企業文化の多様化にともない、よりカジュアルな存在として「日常的」な社歌への関心がいっそう高まっているようです。

10月26日に開催された「豊橋商工会議所」(愛知県豊橋市)の「社歌ラップ・ワークショップ」。協同して楽しみながら社歌を作ることは、社員同士のコミュニケーションが図れるだけでなく、自社の強みや特徴を再確認できる機会

 一方で、社員自らが社歌づくりにあたったり、社歌に社員間コミュニケーションのありかを求めたりするなど、歌うためだけではない、社歌が及ぼす“力”にも多くの中小企業が気付き始めています。

 社歌は歌うものであり、つくるものです。そしてコミュニケーションツールでもあります。ハードルは決して高くありません。社歌を身近に感じるチャンスは様々なところに潜んでいます。御社も社歌を通して、新たな世界を切り拓いてみませんか。

 HANJO HANJOが社歌にまつわる話題や取り組みを紹介する新シリーズ「社歌に出会う旅」。その第1回は「豊橋商工会議所」さん(愛知県豊橋市)の「社歌ラップ・ワークショップ」です。

■思いついたらとにかく書く、口ずさむ

 東三河の中核都市である豊橋市。当地でハブとなって中小企業の経営改善や支援を行なっているのが豊橋商工会議所だ。そこに集まって来たのは、地元の五つの企業や団体。今日は「社歌ラップ・ワークショップ」開催日。社歌についてのワークショップは、同会議所で初めての試みだ。

 「協同して楽しみながら社歌を作ることで、社員同士の効果的なコミュニケーションが図れるだけでなく、自社の強みや特徴等について再確認することができる貴重な機会。気軽に参加してもらえれば」と、主催した豊橋商工会議所の石川希さんは話す。

 「思いついたらとにかく書く、口ずさむ。削るのはその後」。講師はメディアに多数出演し、企業や地域のラップ作りも支援している人気ラッパー・晋平太さん。晋平太さんのお手本にしながら、リリック(歌詞)を刻んでいく。「仕事はタウン誌の編集者♪」「目指すはFC全国制覇♪」。ラップは初めてというひとも、かなり順調に言葉を口にできたようだ。

 今回の社歌づくりでは、晋平太さんから、(1)社名 (2)業務内容・魅力 (3)社のポリシー・社訓 (4)存在意義(決め台詞) を考えるようにお題が出た。制限時間は30分。短い時間のなかで、会社への熱い思いのこもったキーワードが次々に飛び出し、紙に書きとめられていく。「めちゃめちゃスゴいじゃないですか!」。晋平太さんの声援を受け、順調に言葉が飛び出してくる。笑顔もあり、思いにふける場面もあり、普段のビジネスセミナーとは違ったわきあいあいの雰囲気のなか、参加者は楽しそう。

「思いついたらとにかく書く、口ずさむ。削るのはその後」(晋平太さん)による熱血指導で、溢れ出るリリック(歌詞)

「初体験とは思えない出来でびっくりしました。会社に持ち帰ってみんなで続きを作ってみてほしい」(晋平太さん)

壇上に立って成果を発表する面々と講師の晋平太さん(右)。大きな声で歌う自分の会社の歌は気持ちがいいはず

■会社をレペゼンした社歌、皆さんにリスペクト!

 会社のキーワードを出し切ったタイミングで、次はライム(韻)を踏むためにフレーズにまとめていくステップへと移行。韻をふむことで言葉の連なりにリズムが生まれる。このリズムこそが言葉を詩へと昇華させるのだ。そしていよいよ各社のラップによる社歌の披露だ。

 「地域のことならなんでもわかる 読んでおくれよマガジンはなまる♪」「我が社は川清商店だ 創業安政12年♪」「チアーズは結婚相談所 一生独身でいるつもり?一人じゃ得られない温もり♪」。照れは消えて壇上に立って成果を発表する面々。大きな声で歌う自分の会社の歌は気持ちがいいはずだ。さて、今日のラップ・ワークショップはいかがでしたか?

 「歌うより恥ずかしくなかった」「やってみると楽しかった」「短い言葉で伝えるのが勉強になった。韻をふむのが楽しかったのは意外」。ラップは初めて、社歌も初めて、という中小企業のためのワークショップだったが、皆さんかなり楽しめたようだ。

 「初体験とは思えない出来でびっくりしました。会社に持ち帰ってみんなで続きを作ってみてほしい」と、晋平太さん。「会社をレペゼン(=代表)して社歌を作ってくれた皆さんにリスペクトを送ります」。

 HANJO HANJOが主催した、昨年の第1回「社歌コンテスト」大賞は、ラップによる社歌である「クラブン」さんに贈られた。インパクトの大きさも一因ではあるが、ラップと社歌の相性の良さが味方したことも大きかった。社歌とは、お互いを知ることのできる絶好のメディアだ。そこから社風や哲学も見えてくる。そして社歌は最強のコミュニケーションツールにもなる。全国の津々浦々で社歌が流れている風景を見る日も、そう遠くないかもしれない。

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

    2018年8月10日

    インタビュー

  • 仕事も遊びもどちらも「オン」! 社内クラブ活動が人生を豊かにする

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「第19回サバニ帆漕レース」が、6月23-24日に開催されました。そのサバニ帆漕レースに、会社のクラブチームとして参加しているのがシステム開発の「株式会社アルファ・ウェーブ」です。会社には数多くのクラブがあり、その活動が仕事だけでなく社員の人生そのものにも大きな影響を与えているといいます。

    2018年8月3日

    インタビュー

  • IoTを本気で日本に普及させる! 通信インフラを牽引する異色ベンチャー

    「IoTの時代が到来した」。ここ数年来、この言葉を幾度となく耳にしてきました。しかし騒がれているわりには、日本でIoT製品を目にすることはあまりありません。日本のIoTビジネスがなかなか進展しない理由のひとつが、通信インフラが整っていないことにあります。この状況を変える通信サービスで注目されているベンチャー企業があります。昨年、起業した「センスウェイ株式会社」です。

    2018年7月30日

    インタビュー

  • 健康睡眠が日本の生産性を上げる! 寝具業界を変える高品質適正価格のマットレス

    これまで機能性敷布団やマットレスといえば高額なものが多く、一部の人にしか手の届かない高級品という印象でした。しかし反発性能が高い素材のマットレスの登場によって、その壁が崩されようとしています。そんな活性化する寝具業界にあって、『良い寝具を正しい価格で』をうたい、急速に消費者の支持を集めている企業があります。2011年創業の「ライズTOKYO」です。

    2018年7月23日

    インタビュー

  • マニュアルを革新する! 会社独自のノウハウを「見える化」で組織は進化する

    マニュアルと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 電化製品やPC関連、あるいは接客のための読みづらい手引書・・・。しかし、そんなマニュアルのイメージを一掃し、新たなビジネスサービスとして提供している会社があります。「2.1」は会社に眠っている独自のノウハウをマニュアルによって可視化〜習慣化させ、業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化をサポートすることで注目を集めています。

    2018年7月6日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中!ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【後編】

    縮小する印刷業界にあって、ダイレクトメールに一点集中することで売上げを伸ばしているのが「株式会社 ガリバー」です。後編では、代表取締役の中島真一さんの半生に焦点をあて、何が現在の会社経営につながったかを探ります。

    2018年6月22日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中! ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【前編】

    衰退する産業のひとつとしてよく取り上げられる「印刷業」。しかし、業界全体が厳しいなかでも、活路を見つけ、蓄積したノウハウと資産で、印刷の新たな未来を提示する会社があります。横浜にある「株式会社 ガリバー」です。そこには「一点集中」の戦略がありました。

    2018年6月20日

    インタビュー

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー