鹿島、名古屋市中心部でオフィスビル開発/延べ1.7万平米 画像 鹿島、名古屋市中心部でオフィスビル開発/延べ1.7万平米

インバウンド・地域活性

 鹿島は、名古屋市中心部でオフィスビルの開発に乗りだす。ビジネスエリア・伏見のメインストリートである錦通に、CFT造13階建て延べ1万6891m2のビルを建設する。1階は店舗、2~13階を事務所スペースとして貸し出す。既に着工しており、19年9月の竣工を目指す。
 「(仮称)鹿島伏見ビル」の建設地は名古屋市中区錦2の1411の1ほか。基準階の事務所部分は有効面積858m2、天井高約2.8m、奥行き約15m。形が整った無柱空間で、ゆとりあるフレキシブルなレイアウトを可能にする。最小賃貸床面積は約115.5m2。
 外装部にはLow-Eペアガラスを採用。遮熱性のある特殊な金属膜をコーティングした複層ガラスで、ガラスカーテンウオールの遮熱性能を高めて空調容量の削減を図る。
 オフィス専有部の換気には全熱交換器を採用するとともに、二酸化炭素(CO2)濃度により換気量を制御する省エネ技術を導入。快適なワークプレイスを提供する。

鹿島/名古屋市中心部でオフィスビル開発/延べ1・7万平米、19年9月竣工めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

    地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  4. 横浜文化体育館サブアリーナ新築工事、10月着工

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 【東北の農林水産業は復活する!】 福島の林業に働き手を呼び戻す、絆の積み木と放射線防護ジャケット

  7. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  8. うなぎ、ひもの…沼津市、オリジナルこいのぼりで地域PR!

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top