カーシェア活用による維持費軽減、最大は『ノア』の98%/Anyca(エニカ)調べ 画像 カーシェア活用による維持費軽減、最大は『ノア』の98%/Anyca(エニカ)調べ

制度・ビジネスチャンス

DeNAが提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は4月9日、2017年度にシェアされた車種ごとの維持費軽減率ランキングを公開した。

若年層がクルマを買いたくない理由として、「駐車場代など今まで以上にお金がかかる」など、維持費の高いことが挙がる中、購入しても車は3%しか稼働しておらず、97%は駐車場に眠っているという。今回エニカでは、駐車場に眠っている車を有効活用する個人間カーシェアによって、どれだけ維持費が軽減されるかを維持費軽減率としてランキング化した。

維持費の軽減率が最も大きい車種は、トヨタ『ノア』で98%、2位は同『アルファード』の79%、3位はレクサス『RX』76%。以下、日産『エルグランド』、ホンダ『ステップワゴン』、ポルシェ『ボクスター』など、上位10車種にはミニバンや高級車がランクインし、維持費に対して受取金額が多いことが分かった。

また、シェア回数が多い人気車種ごとの受取シェア金額(月単位)も公開。人気車種ランキング1位となったBMW『3シリーズ』の月間平均受取料金は1万8002円、2位のポルシェ『カイエン』は3万9905円、3位のトヨタ『アルファード』は3万2615円。人気車種ランキング上位には海外メーカーのクルマや高級車が並んだが、アルファードやエルグランドなどのミニバンも上位にランクイン。上位10位までの月間平均受取金額は2万3808円となった。

カーシェア活用による維持費軽減、最大は『ノア』の98% エニカ調べ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

    築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  2. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  3. 東急電鉄が3カ年経営計画/総額5200億円投資、次の100年に向け大型開発推進

    東急電鉄が3カ年経営計画/総額5200億円投資、次の100年に向け大型開発推進

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  6. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  7. 環境省、18年の熱中症対策を本格始動/明日(4月20日)から暑さ指数情報提供

  8. 国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い

  9. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  10. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

アクセスランキングをもっと見る

page top