SBドライブ、岡山県のバス会社とバス自動運転サービスの社会実証で協力 画像 SBドライブ、岡山県のバス会社とバス自動運転サービスの社会実証で協力

制度・ビジネスチャンス

ソフトバンクグループのSBドライブは、岡山県内で路線バス事業を運営する宇野自動車(宇野バス)と「バス自動運転サービスの実用化に向けた実証」で協業することで合意した。

SBドライブは、自動運転車両による路線バスの運行は、運転手不足や路線維持などのバス会社が直面する課題解決や、交通弱者の移動を支援する手段の一つになると見て実用化を目指している。

宇野バスは、国・自治体から補助金を受けることのない経営を続け、対キロ区間制基準賃率23円20銭という民間バス会社として業界最低水準の運賃を20年以上にわたって維持している。今後もこれを継続するためには運転手確保や離職防止策を講じる一方で、自動運転バスの導入に向けた取り組みが必要と考えており、今回、SBドライブと提携する。

SBドライブと宇野バスは、自動運転バスを使用した旅客運送事業を社会実証して、安全性や事業性、社会受容性などを評価する。今後、実証実験の実施に向けて時期や場所などについて両社で協議して決める。

SBドライブと宇野バスは実証実験の実施に先立ち、一般を対象に、自動運転バスの無料試乗会を4月14、15日に岡山県赤磐市で開催する。試乗会は赤磐市立中央公民館を発着点とする周辺の公道約1kmで、赤磐市、先進モビリティが協力する。

SBドライブ、岡山県のバス会社とバス自動運転サービスの社会実証で協力 一般向け試乗会を実施

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

    築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  2. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  3. 東急電鉄が3カ年経営計画/総額5200億円投資、次の100年に向け大型開発推進

    東急電鉄が3カ年経営計画/総額5200億円投資、次の100年に向け大型開発推進

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 環境省、18年の熱中症対策を本格始動/明日(4月20日)から暑さ指数情報提供

  6. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  7. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  8. 「おもてなし規格認証」取得は2020年への第一歩/インバウンド・ジャパン

  9. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  10. 工事現場のワーキングシューズが現場の若者に人気、デザインと機能性

アクセスランキングをもっと見る

page top