北海道の7空港の運営を一括で民間委託へ、2020年から 画像 北海道の7空港の運営を一括で民間委託へ、2020年から

インバウンド・地域活性

国土交通省は、旭川市、帯広市、北海道とともに、北海道内7空港を2020年に民間に運営を一括委託する。30日、発表した。

国管理空港が新千歳、稚内、釧路、函館で、特定地方管理空港が旭川、帯広、地方管理空港が女満別。民間のノウハウを活かして北海道内7空港の利用促進・サービス向上を図るため、一括運営委託する。北海道内7空港を一体として運営を民間に委託するというこれまでにない取り組みとなる。

運営を民間に委託するための事業概要を定めた「実施方針」を策定した。それによると事業期間は30年間で、不可抗力などによる延長を含めて最長35年。事業範囲は空港運営等事業、ターミナルビル事業、駐車場事業など。

国は公募で運営権者を選定し、運営権者は滑走路などとターミナルビルを一体的に運営する。国は、公共施設など運営権を設定し、運営権者から運営権の料金を収受する。

2019年7月ごろに優先交渉権者を選定し、同年10月ごろに実施契約を締結、2020年1月に7空港一体のビル経営を開始、同年6月から順次、滑走路の運営を移行する。

北海道の7空港の運営を一括で民間委託へ 2020年から

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

    地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  4. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  5. 横浜文化体育館サブアリーナ新築工事、10月着工

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  9. 【東北の農林水産業は復活する!】 福島の林業に働き手を呼び戻す、絆の積み木と放射線防護ジャケット

  10. 大阪府和泉市の新庁舎整備、基本計画で中間まとめ、1.6万平米の新庁舎

アクセスランキングをもっと見る

page top