袋井駅北口市有地開発、ホテル等運営事業者公募開始 画像 袋井駅北口市有地開発、ホテル等運営事業者公募開始

インバウンド・地域活性

 静岡県袋井市の袋井商工会議所と、どまんなか袋井まちづくり会社は、袋井駅北口市有地開発事業について、ホテルとコンベンションホール、テナントの運営事業者の公募を開始した。27日まで受け付ける。同商工会議所らは5月中に事業者を決め、運営方法や誘致テナントなどについて協議を進める。開発施設のコストや運営経費など採算性を確認した上で市と土地の借地契約を結び、設計を開始したい考えだ。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までに整備する。
 この計画は、中心市街地のにぎわい創出や経済発展、滞在型観光の推進などが目的。JR袋井駅に隣接した約3000平方メートルの市有地を袋井商工会議所が借地し、まちづくり会社が複合施設を建設する。商工会議所は現在地(新尾1)から移転し、建物の一部を区分所有する。
 構想では、施設はRC造8階建て延べ約5100平方メートルを想定。1階は商業テナント、2階は商工会議所と300席のコンベンションホール、3階に会議室と貸室が入り、4~8階をシングル約120室程度のホテルに充てる。
 土地を市から借り受けるため、施設の事業性や採算性が重要となることから、施設計画を具体化するに当たり、ホテルなどの運営者を先行して決定し協議・調整を進めることにした。

袋井商議所(静岡県袋井市)ら/袋井駅北口市有地開発/ホテル等運営事業者公募開始

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

    地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  4. 横浜文化体育館サブアリーナ新築工事、10月着工

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 【東北の農林水産業は復活する!】 福島の林業に働き手を呼び戻す、絆の積み木と放射線防護ジャケット

  7. 大阪府和泉市の新庁舎整備、基本計画で中間まとめ、1.6万平米の新庁舎

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. うなぎ、ひもの…沼津市、オリジナルこいのぼりで地域PR!

アクセスランキングをもっと見る

page top