パーク24、さっぽろ創世スクエアに大型駐車場をオープン/カーシェアやレンタカーも提供 画像 パーク24、さっぽろ創世スクエアに大型駐車場をオープン/カーシェアやレンタカーも提供

制度・ビジネスチャンス

パーク24は、札幌市中央区最大クラスの駐車場「タイムズステーションさっぽろ創世スクエア」を4月1日よりオープンする。

タイムズステーションさっぽろ創世スクエアは、パーク24が参画する再開発事業「さっぽろ創世スクエア」で区分所有する駐車場。379台の駐車スペースを備え、さっぽろ創世スクエアに入る劇場や図書館等への来場者のほか、時計台やテレビ塔などへの観光客の利用も見込んでいる。

駐車場の通路や出入り口の壁面には、北海道らしさを表すライラックやエゾシカや、さっぽろ創世スクエアの入居施設を想起させるイラストなどをあしらい、親しみやすいデザインとした。また、100平米の待合ロビーには、ユニバーサルデザインの事前精算機のほか、駐車場のサービス情報を案内するインフォメーションモニターや、パーク24グループのサービスに関する各種機器を設置する。また、事前精算機とともに車番認証システムを導入。入口でナンバープレートを自動認識してデジタルデータで記録、出口でナンバープレートを自動判別し、出庫時の渋滞緩和を図る。

さらに4月12日からは、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の車両10台と無人入会機を設置し、サービスを開始。7月上旬には、レンタカーサービス「タイムズカーレンタル」のオープンも予定としており、駐車場サービスとともに移動手段も提供する。

パーク24、さっぽろ創世スクエアに大型駐車場をオープン カーシェアやレンタカーも提供予定

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

    築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  2. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  3. 東急電鉄が3カ年経営計画/総額5200億円投資、次の100年に向け大型開発推進

    東急電鉄が3カ年経営計画/総額5200億円投資、次の100年に向け大型開発推進

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  6. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  7. 環境省、18年の熱中症対策を本格始動/明日(4月20日)から暑さ指数情報提供

  8. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  9. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  10. 「おもてなし規格認証」取得は2020年への第一歩/インバウンド・ジャパン

アクセスランキングをもっと見る

page top