函館駅前市有地整備事業/和、洋、クラシック、モダンを組み合わせたデザイン 画像 函館駅前市有地整備事業/和、洋、クラシック、モダンを組み合わせたデザイン

インバウンド・地域活性

 北海道函館市は5日、JR函館駅前の市有地など約1ヘクタールを整備する「函館駅前市有地等整備事業」で、大和ハウス工業と事業用定期借地権設定契約に関する覚書を交わしたと発表した。総延べ約1万3000平方メートルのホテルや商業施設を整備する計画。15日までに覚書に基づく事業用定期借地権設定契約を結び、着工する。
 覚書は、大和ハウス工業が、土地を所有する函館市とJR北海道それぞれと交わした。賃貸借期間は15日から2068年3月12日までの50年間。月額の賃料は、函館市と函館土地開発公社が所有する若松町45の5、6の敷地(6783平方メートル)が109万2000円、JR北海道が所有する若松町45の7の敷地(3103平方メートル)が52万8000円の計162万円。
 計画によると、整備する施設はRC造11階塔屋1階建て延べ1万1210平方メートルのホテル&SA(サービスアパートメント)棟と、S・W造2階建て延べ2504平方メートルの店舗棟の2棟。外観は函館の歴史ある町並みと調和する和、洋、クラシック、モダンを組み合わせたデザインとし、駅前広場と連動する交流広場を整備する。施設北側には一般自動車専用駐車場142台と大型バス用駐車場を確保する。
 ホテル客室は16~159平方メートルの261室を設け、滞在型観光に適したサービスアパートメントを併設。ホテル従業員や商業施設のテナントには地元企業を積極的に活用する方針。
 事業用定期借地権設定契約の締結後、4月4日に地鎮祭を行い、建設工事に本格的に着手、19年12月のオープンを目指す。

北海道函館市/函館駅前市有地整備事業/大和ハウス工業と定期借地権設定で覚書交換

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

    地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  4. 横浜文化体育館サブアリーナ新築工事、10月着工

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 【東北の農林水産業は復活する!】 福島の林業に働き手を呼び戻す、絆の積み木と放射線防護ジャケット

  7. 大阪府和泉市の新庁舎整備、基本計画で中間まとめ、1.6万平米の新庁舎

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. うなぎ、ひもの…沼津市、オリジナルこいのぼりで地域PR!

アクセスランキングをもっと見る

page top