新千歳空港駅が12月にリニューアル、みどりの窓口や外国人カウンターを移転 画像 新千歳空港駅が12月にリニューアル、みどりの窓口や外国人カウンターを移転

インバウンド・地域活性

JR北海道は3月14日、千歳線新千歳空港駅(千歳市)を12月を目途にリニューアルすることを明らかにした。

新千歳空港駅は、それまでの千歳空港に代わり1988年7月に開港した新千歳空港へのアクセス駅として、1992年7月に開業した1面2線の地下駅。

同駅は、開業時から2011年まで1日あたりの乗車人員が毎年1万2000人以下で推移していたが、2012年には初めて1万2000人を突破。以後、外国人観光客の急増により右肩上がりに転じ、2016年には過去最高の1万6000人を超えた。

これを受けてJR北海道では「今後も、訪日外国人を中心に増加が予想される」として、駅のレイアウトを大幅に見直すリニューアルを行なうことになった。

計画によると、訪日外国人に対応するインフォメーションデスク(外国人デスク)やみどりの窓口を移転の上、スペースを拡大。トド松やエゾ松など代表的な北海道産木材をイメージした木目調にする。

また、開業当時、デンマーク国鉄と提携したデザインを見直し、北海道らしさを感じることができるものに一新し、コンコースや連絡通路では、プロジェクターを活用して、天井などに四季折々の北海道の風景を映し出す。

このほか、改札通路や指定券発行機、ICカードチャージ機の増設や、授乳室の設置も行なうとしている。

リニューアル工事は4月から12月にかけて実施されるが、みどりの窓口や外国人デスク、トイレは9月頃に先行して供用を開始する予定。それまでの間は、客用トイレを利用できなくなるという。

千歳線新千歳空港駅をリニューアル…みどりの窓口や外国人カウンターを移転 12月

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  2. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

    千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  3. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

    東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  4. 潮見ランドパーク、東京都江東区に大型ホテル建設/観光、ビジネス双方の利用を見込む

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  7. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

  10. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

アクセスランキングをもっと見る

page top