JR貨物、10月から10%の運賃値上げへ/純粋な改定としてはJRグループ初  画像 JR貨物、10月から10%の運賃値上げへ/純粋な改定としてはJRグループ初 

制度・ビジネスチャンス

JR貨物は3月14日、基本運賃の賃率を改定すると発表した。改定率は10%(一部は9.9%、10.1%)で、10月1日に実施するとしている。

JR貨物の基本運賃は、貨物賃率表に基づき、運賃計算キロ程(初駅から着駅までの距離)に応じた「賃率」(額)を設定し、これに貨物の重量に基づいた運賃計算トン数を掛けたものをいう。最終的な運賃は、輸送条件などを勘案した割増・割引で決定される。

JR貨物の基本運賃は、コンテナ貨物については国鉄時代の1982年4月、貨車1両単位での輸送を行なう車扱(しゃあつかい)貨物については1985年4月に定められた賃率が適用され続けてきた。

しかし、JR貨物では「日本全体の労働力不足に端を発し、当社に対する輸送ニーズの増加が表面化しており、また、AI、IoTをはじめとする第4次産業革命の進展等に伴う社会の急激な変化への対応も、急務となっています」として、より良質で安定的な物流や人材の確保、新技術の導入、設備投資の促進を図るため、賃率改定による基本運賃の値上げに踏み切ることになった。

JRグループの運賃は、1987年4月の発足以来、消費増税による理由以外で改定されたことはなく、純粋な改定としては今回が初のケースとなる。

JR貨物、10%の運賃値上げへ…純粋な改定としてはJRグループ初 10月から

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  2. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

    築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  3. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

    ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  4. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  5. 日本空港ビル「羽田空港P4本館駐車場増築/駐車台数を600台増やす

  6. 東急電鉄が3カ年経営計画/総額5200億円投資、次の100年に向け大型開発推進

  7. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  8. 【卸・問屋の新戦略:4】情報力を活かしたコンサル事業に活路!

  9. ~着地型観光:3~ストーリーをどう作ればいいのか?

  10. ~田舎にもっと外貨を!:3~古民家再生はCOOL!

アクセスランキングをもっと見る

page top