国交省、駐車場を含めた空港旅客施設のバリアフリーガイドラインを見直しへ 画像 国交省、駐車場を含めた空港旅客施設のバリアフリーガイドラインを見直しへ

制度・ビジネスチャンス

国土交通省はバリアフリー化、ユニバーサルデザイン化を推進するため、空港旅客施設のバリアフリーに関するガイドラインの見直しを検討する。

国土交通省航空局は、空港関係者が具体的に施設計画を検討する際に参考にしてもらうため、空港内の駐車場など、関連施設を含む空港旅客施設におけるバリアフリー対策についてとりまとめた「みんなが使いやすい空港旅客施設計画資料」(空港旅客施設のバリアフリーに関するガイドライン)を、2002年に策定した。その後、2008年に改定した。

一方で国土交通省では、現行の公共交通移動等円滑化基準とバリアフリー整備ガイドラインの見直しに向けた検討が進められている。空港分野についても近年の訪日外国人の増大などの情勢変化を踏まえつつ、バリアフリー・ユニバーサルデザインを一層推進するため、空港旅客施設のバリアフリーに関するガイドラインの見直しについて検討する。

「みんなが使いやすい空港旅客施設計画資料改定検討委員会」が具体的な見直しを検討する。

駐車場を含めた空港旅客施設のバリアフリーガイドラインを見直しへ 国交省

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

    築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  2. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  3. 東急電鉄が3カ年経営計画/総額5200億円投資、次の100年に向け大型開発推進

    東急電鉄が3カ年経営計画/総額5200億円投資、次の100年に向け大型開発推進

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  6. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  7. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  8. 環境省、18年の熱中症対策を本格始動/明日(4月20日)から暑さ指数情報提供

  9. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  10. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

アクセスランキングをもっと見る

page top