食に「健康」を求める人、減少/「安さ」「手軽さ」は増加 画像 食に「健康」を求める人、減少/「安さ」「手軽さ」は増加

制度・ビジネスチャンス

 食に「健康」を求める人の割合が1年半ぶりに減少に転じ、安さや手軽さを重視する傾向が強まっている。日本政策金融公庫が食の志向に関する調査結果をまとめた。同公庫は「消費者の節約志向や共働き、単身世帯の増加による簡便化志向が背景にある」とみる。

 調査は毎年1月と7月に実施。今回は1月に20~70歳の男女2000人が回答した。

 優先する食の志向(上位二つまで回答)を尋ねたところ、「健康志向」が42・9%で今期も最多。しかし前期から1・7ポイント減った。直近では3期前の2016年7月も前期を0・1ポイント下回っていたが、その時期より減少率が大きい。

 一方で、安さといった「経済性志向」が2・3ポイント増の35・1%と5期ぶりに上昇。「簡便化志向」も小幅な上昇を続けており、調査を始めた08年以降で最高になった。

 世帯別では、「子どもがいる」「単身」が経済性や簡便化を求める傾向にある。「子どもがいない(単身を除く)」は、健康を優先する意識が強かった。

 輸入食品へのイメージを聞いたところ、「安い」が67・4%で4期連続の上昇。「輸入品は安全面に問題がある」は41・9%と少なくないが、5半期連続で低下している。

 国産の印象は「高い」が72%と多かった。しかし「安全面」「おいしさ」への評価から、「割高でも国産を選ぶ」が63・9%に上る。「3割以上高くても国産を選ぶが」は18・2%。

 品目別で「割高でも国産を選ぶ割合」が多かったのは米で76・3%。野菜ときのこもそれぞれ69・4%、66・1%と高かった。

■この記事の「英字版」はこちらをクリックしてください。

食の志向「健康」減少 「安さ」「手軽さ」は増加 日本公庫調査

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

    東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  2. 環境省、18年の熱中症対策を本格始動/明日(4月20日)から暑さ指数情報提供

    環境省、18年の熱中症対策を本格始動/明日(4月20日)から暑さ指数情報提供

  3. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

    国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  4. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  5. 小規模事業者こそ、電力によるエネルギー生産性向上を!

  6. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  7. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  8. 米の1人当たり消費量が2016年度は増加、家庭炊飯けん引

  9. 非常食→日常食。パックご飯が人気! 成長市場に

  10. 日本空港ビル「羽田空港P4本館駐車場増築/駐車台数を600台増やす

アクセスランキングをもっと見る

page top