首都高速会社、10号晴海線晴海~豊洲間が開通/都心、臨海部のアクセス強化 画像 首都高速会社、10号晴海線晴海~豊洲間が開通/都心、臨海部のアクセス強化

インバウンド・地域活性

 首都高速道路会社が東京都内で整備を進めてきた「高速10号晴海線(晴海~豊洲)」が10日、供用を開始した。晴海線の全長約2・7キロのうち、湾岸線に接続する東雲ジャンクション(JCT)~豊洲の開通済み区間(延長約1・5キロ)に続き、残る晴海出入り口(中央区晴海2丁目)~豊洲出入り口(江東区豊洲6丁目)までの約1・2キロ区間(片側1車線)が開通し、全線通行可能となった。
 同日には晴海出入り口付近で関係者らによる開通式が行われた。式典には同社の宮田年耕社長をはじめ、国土交通省の秋元司副大臣、東京都の長谷川明副知事、中央区の矢田美英区長らが出席。宮田社長は「晴海線の開通を迎えられたのは、工事に協力いただいた地元の皆さまなど、多くの方々の支援のたまものだ。臨海部と都心のアクセスが強化され、晴海地区全体の混雑緩和や事故・災害時の迂回(うかい)ルート選択など、さまざまな効果が見込まれる」とあいさつした。
 秋元副大臣は「周辺のポテンシャルの高い地域間のアクセスが向上し、さらなる活性化が図られるほか、東京五輪の選手村から競技会場までの効率輸送の面でも期待される」と述べた。

首都高速会社/10号晴海線晴海~豊洲間が開通/都心・臨海部のアクセス強化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

    東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  2. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

    千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  3. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. 新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top