戸田建設、2023年の超高層建築現場構想を発表/ロボや作業自動化で生産性向上 画像 戸田建設、2023年の超高層建築現場構想を発表/ロボや作業自動化で生産性向上

IT業務効率

 戸田建設は9日、5年後を想定した超高層建築工事の現場構想「トダ・イノベーション・サイト~2023年の姿~」を発表した。現場の生産性を飛躍的に高めるため、最先端のロボット技術や作業の自動化など具体的な施工技術を盛り込んだ。23年までに各技術を実用化し、全国の作業所に積極的に導入していく。
 同社は、16年12月に「建設の未来像~2030年の姿~」と題した提言を発表。先端技術を活用した10~15年先の建設業の未来像を「未来の歩き方」と題した冊子にまとめた。
 この中で描いた魅力的な建設現場を実現するため、今回の構想では5年後を想定した超高層建築物向けの具体的な施工技術を▽地上構築▽地下構築▽ICT(情報通信技術)施工管理-の三つに分けて整理した。
 地上部は部材の揚重から取り付けまで、一連の作業で自動化を目指す。具体的には、施工BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データを基に、3次元(3D)の位置データと工程の管理データを持った鉄骨や外装材を、自動クレーンやAGV(無人搬送車)で所定の位置まで運び、ロボットで組み立てる。
 地下工事は地上と比べ生産性の低さが課題となる。既存建物の解体で基礎部の質量や体積の大きなコンクリートの解体が困難なこと、地下工事自体が山留めの倒れを防止する切梁の錯綜(さくそう)する狭い空間で行われていることなどが理由。これらの課題を解決していくとした。
 ICTによる施工管理では位置測位やネットワーク、IoT(モノのインターネット)、ドローン(小型無人機)などの技術を活用し、現場の生産管理を効率化する。
 今後、中小規模の建築物を対象とした構想もまとめ、幅広く技術開発を進める予定だ。

戸田建設/2023年の超高層建築現場構想を発表/ロボや作業自動化で生産性向上

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  2. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

    沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  3. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  6. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

  8. 国交省が「AIセンター」構想を提唱、インフラ点検の効率化へ/インキュベーション機能として

  9. 泥汚れに強い洗濯機を開発!家電メーカーと農業女子コラボ

  10. ヴァレオとNTTドコモが協業で合意/次世代コネクトカーやモビリティサービス開発へ

アクセスランキングをもっと見る

page top