メルカリ、自転車シェアリングサービス「メルチャリ」を開始へ 画像 メルカリ、自転車シェアリングサービス「メルチャリ」を開始へ

制度・ビジネスチャンス

メルカリは、グループ会社ソウゾウを通じて、オンデマンドシェアサイクルサービス「メルチャリ」を2月27日に提供開始すると発表した。第一弾の導入都市は福岡市、今後展開地域を拡大していく。

メルチャリは、個人と地域も参加し、共同で運営する新スタイルのシェアサイクルサービス。使用する自転車は20インチ、3段階ギア、日本製の非電動アシスト自転車。鍵はコネクティッド・ロックの開発および、関連サービスを手掛けるtsumug社のスマートロックを搭載、QRコードでかんたんに解錠できる。

利用方法はメルチャリアプリを使い、街なかにある自転車を見つけ、サドルの下にある鍵をあけてライド開始。専用ポートに停め、鍵をかけるだけでライド終了となる。利用料金は4円/分で、クレジットカード払い、コンビニ払い、ATM払いに順次対応する予定。

ポート(駐輪場)は、地域の民間企業に加えて、個人宅・店舗の軒先など。地域にあるスペースを大小問わず提供してもらうことで、街により多くのポートを設置し、いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ自転車を利用できる環境を構築する。

安心・安全面では、自転車内蔵のGPSで常時駐輪場所を把握することに加え、カスタマーサポートによる監視と対応を365日実施。突然の故障やトラブル時にも安心してサービスを利用できる。さらに事故やケガ等に対応するシェアサイクル専用の保険も付帯。また、地域の民間企業と連携し、サポートトラックが放置・違法駐輪の自転車や故障車を移動・回収することで、各ポートを常に最適な状態に保つ。

さらに、ユーザー自身も運営に参加。放置・故障自転車の報告や移動などのアクションに応じて、メルチャリ内で貯まるマイルや、メルカリポイントを付与する仕組みを導入する。ユーザーのアクション履歴やマイルの累積状況はアプリ上で随時確認でき、日常的にユーザー同士がメルチャリの運営を助け合うような仕組みを提供することで、メルチャリのサービスをユーザーとともに作りあげていく。

メルチャリ第一弾は、2月27日より福岡市で提供を開始。博多・天神・ウォーターフロントのエリアを中心に、サービス開始時点でのポート数は50、自転車は400台以上の設置を予定しており、夏頃までにエリアの拡大と2000台程度の自転車の投入を予定している。

なお現時点で、アパホテル、イデックスオート・ジャパン(バジェット・レンタカー日本総代理店)、インベスターズクラウド、airBest、SHI、新生堂薬局、タイムズ24、TATERU bnb、ファミリーマート、フォレオ博多(大和情報サービス)、福岡地所、ベイサイドプレイス、ベスト電器の13社が、メルチャリのポート提供に参画している。

メルカリ、自転車シェアシェアリングサービスを開始へ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  2. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

    ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  3. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

    なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  4. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  5. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  6. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  7. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  8. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  9. 米粉ブーム本物! 取扱量が前年を上回る/グルテンフリー食品が人気

  10. 鶏ムネ肉、2割高で推移/高い健康性、スーパーの販売好調!

アクセスランキングをもっと見る

page top