いすゞ、2期ぶりの増収増益/円安効果や産業用エンジン好調/4-12月期決算 画像 いすゞ、2期ぶりの増収増益/円安効果や産業用エンジン好調/4-12月期決算

制度・ビジネスチャンス

いすゞ自動車は2月7日、2017年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。円安効果や産業用エンジン好調が寄与し、2期ぶりの増収増益となった。

第3四半期累計期間の総販売台数は前年同期比1.2%減の36万4375台。国内は同7.5%減の5万3499台、回復基調にあるものの海外も一部資源国で需要が低迷し、同0.1%減の31万0876台となった。一方、車両以外は順調で、海外生産用部品が同26.3%増の487億円、エンジン・コンポーネントは同22.5%増の925億円。これらの結果、売上高は車両やエンジン・コンポーネント、保有事業の伸びに加え、為替の好転により、同8.3%増の1兆4996億円、2期ぶりの増収となった。

損益は増収効果と原価低減などに加え、為替の好転により増益となった。営業利益は同12.2%増の1230億円、経常利益は同13.7%増の1335億円、純利益は同21.6%増の838億円。いずれも2期ぶりの増益となった。

通期業績見通しは、売上高2兆0600億円(前期比5.5%増)、営業利益1640億円(同12.0%増)、経常利益1750億円(同15.1%増)、純利益1090億円(同16.1%増)とした前回予測を据え置いた。

いすゞ、2期ぶりの増収増益…円安効果や産業用エンジン好調で 4-12月期決算

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  2. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  3. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

    政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  4. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  5. ジビエは高級肉!京都の百貨店で常設販売/イノシシ400グラム4968円

  6. 環境省、18年の熱中症対策を本格始動/明日(4月20日)から暑さ指数情報提供

  7. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. 空調大手4社/17年4~9月期決算/全社が増収営業増益、ビル空調受注が減少傾向

  10. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

アクセスランキングをもっと見る

page top