東日本高速、有料道路運営事業でインドへ本格参入 画像 東日本高速、有料道路運営事業でインドへ本格参入

海外進出

東日本高速(本社=千代田区)が、インドの有料道路事業の運営事業に本格参入する。国内の高速道路で培ったノウハウを海外で生かす同社初の試みだ。

三菱商事、海外交通・都市開発事業支援機構と共同事業体を組み、2014年にインドで設立された「キューブ・ハイウェイ&インフラストラクチャー」(Cube Highway and Infrastructure Pte.Ltd)の株式20パーセントを取得、東日本高速の関連会社「日本高速道路インターナショナル」と共に参画することで、基本合意した。株式取得総額や3社比率は明らかにされていない。支援機構は約96億円を出資し、東日本高速の技術支援を可能にした。

「インドは日本の最新の道路維持管理技術の導入を求めており、キューブ・ハイウェイの100%子会社『Cube Highway and Transportation Asset Advisoes』に技術アドバイザリー業務を実施する」(廣瀬博社長)

昨年12月28日、インドにおける石井啓一国土交通相とインド・ガドカリ交通相との会談に廣瀬氏も同席。いくつかの案件の一つとして出資が提案され、インドからも前向きな期待が示された。

「キューブ・ハイウェイ側から現時点で、高機能舗装や交通管制システムの導入、休憩施設の建設運営のアドバイス要請を受けている。我々としてはこれ以外に、交通管制システムの導入によるITSパッケージの販売についても模索している。単に技術だけでなく、事業そのものに関わっていくことを目標にし、将来的には道路建設そのものに携わっていきたいと考えている」(前同)

日本の高速道路会社は、中日本高速がベトナムに、西日本がインドネシアに進出している。東日本は、2009年10月にインドのニューデリー近郊のグルガオン市にインド駐在員事務所を設置し、本格参入を目指してきた。

有料道路運営事業、インドへ本格参入...東日本高速

《中島みなみ》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  4. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  5. 大手建設コンサル、海外市場開拓へ攻勢/相次ぎ拠点整備、現地M&Aにも本腰

  6. “新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる

  7. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  8. クボタ、農作業機械化進むミャンマーで農業機械販売会社を設立

  9. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  10. スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

アクセスランキングをもっと見る

page top