旧神奈川県立近代美術館鎌倉館再生事業/19年春にもミュージアム開館 画像 旧神奈川県立近代美術館鎌倉館再生事業/19年春にもミュージアム開館

インバウンド・地域活性

 ◇鎌倉文華館鶴岡ミュージアムに
 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)は、境内にあり16年3月末に閉館した旧神奈川県立近代美術館鎌倉館を再生し、19年春をめどに「鎌倉文華館鶴岡ミュージアム」=完成イメージ=としてオープンする。現在、耐震工事などに入っている。文華館では展示や文化イベントのほか、資料や作品の収集・保存、調査研究などを行う予定。県重要文化財に指定されている旧鎌倉館の建築価値を保存しながら、新たな文化活動の拠点づくりを目指す。
 所在地は鎌倉市雪ノ下2の1の31(鶴岡八幡宮境内)。旧鎌倉館は1951年、日本初の公立近代美術館として開館。建物は日本の近代建築を代表する建築家・坂倉準三の作品として知られている。敷地面積は4243平方メートル。建物はS造2階建て延べ1575平方メートル(本館棟)の規模で、施工は馬淵建設(横浜市南区)が担当した。
 同館は、立地する鶴岡八幡宮の境内が国の史跡に指定されていることもあり、改修工事などを行って美術館として継続利用することが困難な状況だった。一方で建物の歴史的・文化的価値の高さから存続を求める声が多数寄せられたこともあり、県と八幡宮は要望も踏まえて、耐震改修や存続を視野に活用策の検討を続けた。県は16年12月、神社側が耐震等改修後に文化的施設として利用する方針を明らかにし、地域貢献につなげる方針を打ち出したことから、無償譲渡を決めた。

鶴岡八幡宮/旧神奈川県立近代美術館鎌倉館再生事業/19年春にもミュージアム開館

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  5. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  6. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  9. ~インバウンド向けホステル浸透中!:4~プリンスホテルのおもてなしは、どこが違う?

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top