甘~いイチゴ「咲姫」ヒット!開発のきっかけはTOKIO/佐賀県白石町 画像 甘~いイチゴ「咲姫」ヒット!開発のきっかけはTOKIO/佐賀県白石町

制度・ビジネスチャンス

糖度16、海外でも評判
 農家が育成し昨年2月に品種登録を受けたイチゴ「咲姫」が、平均糖度16という甘さを武器に、海外からも引き合いが強い有力品種に育っている。佐賀県白石町の中村和好さん(65)が作り上げた新品種で、開発のきっかけは、人気アイドルグループのTOKIO。メンバーがイチゴの品種改良をする姿をテレビで視聴し、見よう見まねで育成に成功した。ブドウ並みの甘さが自慢。「TOKIOにも、ぜひ食べてもらいたい」と中村さんは笑う。(金子祥也)

 ある日、イチゴの出荷を終えた中村さんは、何気なくつけたテレビにくぎ付けになった。放映していたのは、イチゴの品種改良にTOKIOが挑戦する企画。メンバーがよどみない手つきで未熟花に花粉を付ける様子を見て、「自分もやってみよう」と思い立った。

 当初は趣味として取り組む考えだったという中村さん。テレビの情報だけで改良に着手した。JAや試験場に問い合わせたり本を読んだりもしなかったが、初めから交配はうまくいったという。

 2年目には、着花数が少なく摘果の手間が省ける株の選抜に挑戦。食味は期待していなかったが、交配でできた株が付けた実を試食して驚いた。イチゴ栽培歴40年の中村さんをうならせるほど、甘い品種に仕上がっていたからだ。

 開発した品種「咲姫」と名付け、翌年にはハウス1棟の品種を「さがほのか」から切り替えた。現在は20アールのハウス全てで「咲姫」を栽培し、年間4万5000パック(1パック 300グラム)を出荷している。「TOKIOがいなければできなかった品種。ぜひ食べてもらいたい」と話す。

 中村さんが生産する「咲姫」は、9割が地元のJAさが白石地区を通して市場に出荷する。数量が少ないため、出荷先は反響が大きかった大阪市場に限定した。取り扱う仲卸業者の販売先で最も大きいのが海外だ。他品種のイチゴと同じ便で、連日香港の業者に輸出している。出荷するイチゴの品種は仲卸業者に任されているが、「咲姫」だけは指定があるという。仲卸業者は「味が確かな支持を得ている証拠だ」と実感する。果皮が硬めで棚持ちが良いため、海外輸送が多いにもかかわらずクレームはほとんど入らないという。
専用パックやロゴ JA・町も後押し
 地元の生産者が作った「咲姫」の販売を盛り立てようと、JAも手を尽くす。生産量が少ない品種は産地名だけが入った共通パッケージを使うケースが多いが、JAは専用パッケージを用意。中村さんの希望を受け、品種名のロゴは佐賀県出身の書道家が書いたデザインを使用した。「中村さんは長年、JAを利用する組合員。少しでも手助けしたい」と力を込める。

 町も「白石の新ブランドいちご」という触れ込みで「咲姫」をPRする。同町が運営するホームページには、黒いイチゴに白文字で「16」と書いたイラストを掲載。16は「咲姫」の平均糖度を表している。クリックすると品種説明が見られる仕組み。担当者は「消費者が町に興味を持つきっかけになる」と期待する。

農家が育成 甘~いイチゴ「咲姫」ヒット TOKIOに倣い自己流で 佐賀県白石町 中村和好さん

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【海外進出を支援する:2】有田焼を世界へ広げたローカライズ

    【海外進出を支援する:2】有田焼を世界へ広げたローカライズ

  2. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

    新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  3. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

    なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  4. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  5. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  6. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  7. 米粉ブーム本物! 取扱量が前年を上回る/グルテンフリー食品が人気

  8. 鶏ムネ肉、2割高で推移/高い健康性、スーパーの販売好調!

  9. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  10. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

アクセスランキングをもっと見る

page top