「台灣←→大阪 乗車券」発売!/南海と台湾の桃園メトロが連絡切符 画像 「台灣←→大阪 乗車券」発売!/南海と台湾の桃園メトロが連絡切符

インバウンド・地域活性

南海電気鉄道(南海)と、台湾の桃園捷運(とうえんしょううん)機場(きじょう)線(桃園メトロ)を運営する桃園大衆捷運(桃園捷運)は、2月1日から「旅行“台灣←→大阪”乗車券」を共同で発売する。

この乗車券は、関西国際空港を運営する関西エアポート、南海、桃園国際空港を運営する桃園国際機場、桃園捷運の4社が昨年4月、日台の利便性向上や認知度向上を図るため、相互に連携する覚書を結んだことに基づいて発売されるもの。

桃園メトロは、台北車站(たいぺいしゃたん)駅(台北市)と環北(かんほく)駅(桃園市)の間を、桃園国際空港を経由して結ぶ、およそ51kmの空港連絡鉄道で、昨年3月に正式開業している。

南海と桃園メトロの切符引換券がセットになっており、南海側では、難波・新今宮・天下茶屋~関西空港間の乗車券と特急『ラピート』のスーパーシート特急券、桃園メトロ側では、台北駅~空港第1ターミナル・空港第2ターミナル間の乗車券と引き換えることができる。

発売額は南海側が1770円(1000部限定)、桃園メトロ側が470元(2000部限定)。

8月31日まで発売されるが、売り切れ次第、発売終了となる。

引換券は12月31日まで有効だが、南海側は乗車日当日、桃園メトロ側は有効期間中の任意の1日に利用できる。

南海-台湾・桃園メトロの連絡切符を限定発売…引換券がセットに 2月1日から

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  5. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  6. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  9. ~インバウンド向けホステル浸透中!:4~プリンスホテルのおもてなしは、どこが違う?

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top