タクシー相乗り実証実験、大和自動車は「この指とまれ」、日本交通は「フリーマッチング」 画像 タクシー相乗り実証実験、大和自動車は「この指とまれ」、日本交通は「フリーマッチング」

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は1月22日午前9時から3月11日まで、配車アプリを活用した相乗りタクシーの実証実験について、参加事業者の配車アプリの利用方法を発表した。

相乗りタクシーは配車アプリを活用して複数の利用者を1台のタクシーにマッチングする。タクシーを1人で利用するより割安な運賃で利用可能になる。「タクシーの運賃は高いから」という理由で利用を控えていた人に、利用しやすいタクシーサービスの提供を目指す。事業者・ドライバーにとっては、複数の利用者を効率的に運送することが可能になる。

実験は大和自動車交通グループ4社649台、日本交通グループ11社300台が参加する。

大和自動車交通グループのアプリ名「大和自動車交通タクシー配車」で、1か所の乗車地で、同方向の目的地に向かう人を募集してマッチングする「この指とまれ」方式。

事前にクレジットカードの登録が必要。7日前から運送開始時間45分前まで申し込みが可能。運行開始25分前に相乗りを確定、アプリ上で相乗り乗車券を発行する。乗車時は運転者にこの画面を提示する。3人まで相乗りが可能。相乗り確定後のキャンセルは相乗り運賃全額を収受する。相乗り運送開始可能な場所は東京駅八重洲口や神田駅南口、錦糸町丸井前など、東京駅以東を中心に30カ所。

日本交通グループのアプリ名は「相乗りタクシー」で、乗車地、降車地を自由に選択して同方向に向かう人をマッチングする「フリーマッチング」方式とする。

事前にクレジットカードの登録が必要で、乗車希望時刻の1時間前から申し込み可能。マッチング対象が見つかり次第相乗りが確定する。相乗り確定後のキャンセルは相乗り運賃の100%を収受する。乗車場所はどこでも設定可能。2人まで相乗り可能で、利用者が隣り合わないよう助手席と後部座席に一人ずつ配席する。

実証実験により、利用者のマッチング方法や運賃水準の検証、利用者アンケートを行って、この結果を踏まえて制度の本格導入に向けた検討を進める。

実証実験期間中、実証実験参加車両の左後部座席の窓にステッカーを表示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

    なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  2. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

    ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  3. 【海外進出を支援する:2】有田焼を世界へ広げたローカライズ

    【海外進出を支援する:2】有田焼を世界へ広げたローカライズ

  4. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  5. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  6. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  7. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  8. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  9. 米粉ブーム本物! 取扱量が前年を上回る/グルテンフリー食品が人気

  10. 鶏ムネ肉、2割高で推移/高い健康性、スーパーの販売好調!

アクセスランキングをもっと見る

page top