タクシー相乗り実証実験、大和自動車は「この指とまれ」、日本交通は「フリーマッチング」 画像 タクシー相乗り実証実験、大和自動車は「この指とまれ」、日本交通は「フリーマッチング」

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は1月22日午前9時から3月11日まで、配車アプリを活用した相乗りタクシーの実証実験について、参加事業者の配車アプリの利用方法を発表した。

相乗りタクシーは配車アプリを活用して複数の利用者を1台のタクシーにマッチングする。タクシーを1人で利用するより割安な運賃で利用可能になる。「タクシーの運賃は高いから」という理由で利用を控えていた人に、利用しやすいタクシーサービスの提供を目指す。事業者・ドライバーにとっては、複数の利用者を効率的に運送することが可能になる。

実験は大和自動車交通グループ4社649台、日本交通グループ11社300台が参加する。

大和自動車交通グループのアプリ名「大和自動車交通タクシー配車」で、1か所の乗車地で、同方向の目的地に向かう人を募集してマッチングする「この指とまれ」方式。

事前にクレジットカードの登録が必要。7日前から運送開始時間45分前まで申し込みが可能。運行開始25分前に相乗りを確定、アプリ上で相乗り乗車券を発行する。乗車時は運転者にこの画面を提示する。3人まで相乗りが可能。相乗り確定後のキャンセルは相乗り運賃全額を収受する。相乗り運送開始可能な場所は東京駅八重洲口や神田駅南口、錦糸町丸井前など、東京駅以東を中心に30カ所。

日本交通グループのアプリ名は「相乗りタクシー」で、乗車地、降車地を自由に選択して同方向に向かう人をマッチングする「フリーマッチング」方式とする。

事前にクレジットカードの登録が必要で、乗車希望時刻の1時間前から申し込み可能。マッチング対象が見つかり次第相乗りが確定する。相乗り確定後のキャンセルは相乗り運賃の100%を収受する。乗車場所はどこでも設定可能。2人まで相乗り可能で、利用者が隣り合わないよう助手席と後部座席に一人ずつ配席する。

実証実験により、利用者のマッチング方法や運賃水準の検証、利用者アンケートを行って、この結果を踏まえて制度の本格導入に向けた検討を進める。

実証実験期間中、実証実験参加車両の左後部座席の窓にステッカーを表示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  2. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

    政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  3. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  4. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  5. ジビエは高級肉!京都の百貨店で常設販売/イノシシ400グラム4968円

  6. 環境省、18年の熱中症対策を本格始動/明日(4月20日)から暑さ指数情報提供

  7. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. 空調大手4社/17年4~9月期決算/全社が増収営業増益、ビル空調受注が減少傾向

  10. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

アクセスランキングをもっと見る

page top