新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ 画像 新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

インバウンド・地域活性

 三井不動産は6月、東京都渋谷区で計画している「新宮下公園等整備事業」に着手する。商業施設やホテルを建設し、商業施設の屋上に新公園を設ける計画。整備する公園と施設の総延べ床面積は約4・7万平方メートルの規模となる。設計は竹中工務店が担当。施工者は未定。20年3月末の完成を目指す。
 計画地は神宮前6の20ほか。現在は竹中工務店の施工で既存施設を解体している。南街区(敷地面積6252平方メートル)と北街区(同4553平方メートル)に分かれている敷地でそれぞれ施設の整備を進め、デッキで接続し行き来できるようにする。
 建物の構造はいずれもS一部RC造。南街区の建物規模は1~3階、中2階、屋上の計5階建てで、延べ1万6500平方メートル。北街区の建物は地下2階地上18階塔屋3階建て延べ3万平方メートルの規模となる。
 17年10月時点での計画によると、各街区の1~3階に商業施設を建設し、屋上には立体都市公園制度を活用して新公園(約1万0800平方メートル)を整備。新公園には多目的広場やイベントスペース、カフェなどを設ける。北街区の一部は公園区域に加えず、200~250室程度のホテルを主体とした施設を整備する。
 駐車場は南街区の1階(約90台)と北街区の地下2階(約270台)に配置。南街区の中2階には駐輪場(約400台)を設ける。新公園と駐車場は完成後、区に移管する。
 区は15年2月、整備事業者を決める公募型プロポーザルで三井不を選定。同12月に基本協定を結び、17年6月に区と三井不は定期借地権契約(30年間)を締結した。

三井不/新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

    20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  2. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  5. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  6. 兵庫県小野市の新庁舎整備/低層階に窓口を配置、市民サービスを追求

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 五島列島宇久島のメガソーラー計画再始動! タイ企業が出資検討

アクセスランキングをもっと見る

page top