新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ 画像 新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

インバウンド・地域活性

 三井不動産は6月、東京都渋谷区で計画している「新宮下公園等整備事業」に着手する。商業施設やホテルを建設し、商業施設の屋上に新公園を設ける計画。整備する公園と施設の総延べ床面積は約4・7万平方メートルの規模となる。設計は竹中工務店が担当。施工者は未定。20年3月末の完成を目指す。
 計画地は神宮前6の20ほか。現在は竹中工務店の施工で既存施設を解体している。南街区(敷地面積6252平方メートル)と北街区(同4553平方メートル)に分かれている敷地でそれぞれ施設の整備を進め、デッキで接続し行き来できるようにする。
 建物の構造はいずれもS一部RC造。南街区の建物規模は1~3階、中2階、屋上の計5階建てで、延べ1万6500平方メートル。北街区の建物は地下2階地上18階塔屋3階建て延べ3万平方メートルの規模となる。
 17年10月時点での計画によると、各街区の1~3階に商業施設を建設し、屋上には立体都市公園制度を活用して新公園(約1万0800平方メートル)を整備。新公園には多目的広場やイベントスペース、カフェなどを設ける。北街区の一部は公園区域に加えず、200~250室程度のホテルを主体とした施設を整備する。
 駐車場は南街区の1階(約90台)と北街区の地下2階(約270台)に配置。南街区の中2階には駐輪場(約400台)を設ける。新公園と駐車場は完成後、区に移管する。
 区は15年2月、整備事業者を決める公募型プロポーザルで三井不を選定。同12月に基本協定を結び、17年6月に区と三井不は定期借地権契約(30年間)を締結した。

三井不/新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  4. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  5. 広島県三原駅前東館跡活用/図書館棟と広場、ホテル棟も

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 東京メトロが駅周辺連携プロジェクト、門前仲町ほか3駅で再開発検討/地元への提案活動強化

  8. 兵庫県で明舞団地など老朽2住宅を建替、バリアフリー化へ

  9. 「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる?

  10. 東京23区、大学の新増設の抑制に反対/大学立地でまちづくりを

アクセスランキングをもっと見る

page top