西松建設、ラオスでレンタル工場の運営開始/日系中小企業専用経済特区の工業団地で 画像 西松建設、ラオスでレンタル工場の運営開始/日系中小企業専用経済特区の工業団地で

海外進出

 西松建設は9日、ラオス南部で開発を進めている工業団地「パクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区」(チャンパサック県パクセー市、開発総面積195ヘクタール)でレンタル工場の運営を開始すると発表した。S造平屋約3000平方メートルの規模で、1区画当たり432平方メートルの全7区画で構成する。一部区画で入居企業が決まっているという。共用食堂棟も併設し、5月の供用開始を予定している。
 同社は15年12月から同工業団地の開発運営に参画している。昨年8月には、第一期エリア1(約13ヘクタール)の造成・インフラ工事が完了し、土地使用権の販売を開始。同団地への初進出となるコンクリート二次製品工場の建設も始まった。
 12月には地元のチャンパサック職業訓練学校と人材紹介、雇用促進、職業訓練に関する相互協力を行うことで合意。今後、同校から入居企業に対し卒業生を優先して紹介してもらうなどの関係構築を目指す。

西松建設/ラオスでレンタル工場の運営開始/日系中小企業専用経済特区の工業団地で

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  3. 微細藻類研究で日本とマレーシアの教育機関が協力

    微細藻類研究で日本とマレーシアの教育機関が協力

  4. 知的財産権の保護強化…特許庁がミャンマーで研修

  5. チャイナショックどこ吹く風、流通大手の中国展開加速

  6. 首相、アフリカの女性社会進出を後押し

  7. スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

  8. NEC、インドネシア政府機関の情報セキュリティ事業に参入

  9. インテリアのフローラル、マレーシアの見本市出展……和のブームを加速

  10. ボルボグループ、インド商用車大手エイシャーの全株式売却

アクセスランキングをもっと見る

page top