2月3日の節分、ヒノキの升に文字を焼き付けた「福升」製造が最盛期/岐阜県 画像 2月3日の節分、ヒノキの升に文字を焼き付けた「福升」製造が最盛期/岐阜県

インバウンド・地域活性

 2月3日の節分を前に、岐阜県大垣市の升メーカーで、県内産などのヒノキを使った升に文字を焼き付けた「福升」の製造が最盛期を迎えている。同市は国産木升の約8割をつくる日本一の産地。専門メーカーの大橋量器では68年前の創業以来、豆まきなどで使う福升を作っている。

 岐阜や三重で伐採されたヒノキを使った一合や五合、一升などの升に、注文に応じて字体が違う11種類の「福」の字の焼き印を押す。売れ筋は五合升で、今月始めから25日ごろまでに約5000個を全国に送り出す。

 大橋博行社長(53)は「福を呼ぶ縁起物としても伝え続けたい」と話す。(木村泰之)

[活写] 福 ますます増え升

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

    20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  2. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  3. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

    熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  4. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  5. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  6. 兵庫県小野市の新庁舎整備/低層階に窓口を配置、市民サービスを追求

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  9. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

アクセスランキングをもっと見る

page top