2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波 画像 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

インバウンド・地域活性

 2018年が明けましたが、インバウンドをはじめ観光産業において、皆さんは今年どのような展望を持っておられるでしょう。

 2017年は数字の上ではいざなぎ景気を超える好景気となりました。2018年はどんな年になるのか。今回は、今年押さえておきたい4つのトレンドをピックアップ。その変化と進化、そして今年起こる新たな波を紹介します。


■1. トレンド続く、インバウンド。政府目標2020年4000万人への道は?

 まず一つ目は、ここ数年変わらぬビジネスの潮流、インバウンドは今年も見逃せないトレンドとなります。

 2017年の訪日外客数(推計値)は、前年比19.3%増の2869万人超、観光消費は前年比17.4%増で4兆円を突破。好調を維持していますが、訪日外客数の増加率はインバウンド旋風が流行語大賞にノミネートされた2015年をピークにやや鈍化しています。



 2017年の訪日外客数は前年より466万人増加しましたが、うち205万人は前年の509万人から40.3%増となる714万人へ客数を伸ばした韓国人客の増加によるもので、これまで客数で一位をひた走ってきた中国は前年比15.4%増の735万人に留まりました。

 伸び率では東南アジアのベトナム31.2%、インドネシア30%、フィリピン21.9%が高い伸びを見せていますが、数字の上ではまだ30~40万人台。東南アジアでトップのタイは98万人。東南アジア諸国では今後、それぞれ100万人台の大台に載せることも期待されますが、仮に中韓がこれで頭打ちになれば、政府が掲げる2020年4000万人、8兆円という目標に届くかどうか。

 少なくとも観光消費に関しては、2017年1人当たり旅行支出は15万3921円(前年比1.3%減)となっており、たとえ4000万人を達成したとしても実現は厳しい模様です。観光消費の拡大には「コト化」が必要という認識は浸透しているところかと思いますが、インバウントは一つの踊り場に差し掛かっており、プレイヤーにはターゲティングやコンテンツに新たな戦略が求められるところです。

■2. 観光誘導の情報訴求におけるユーザー環境と行動変化

 2つ目は、これもここ数年のトレンドとなっていますが、情報訴求におけるユーザー環境の変化には著しいものがあります。情報通信白書によるとスマートフォンの普及率は2012年末は49.5%でしたが、2013年末には一気に62.6%に上昇、2015年末には72.0%となり、消費者の情報収集や消費行動も大きな変化を見せています。

 たとえば、私が連載を持つメディアでもこうした変化を反映し、読者のデバイスの比率は徐々にPCからスマホやタブレットに移行しており、ある観光レジャー系のメディアのデータ分析では現在、記事にアクセスしてくるデバイスの実に95%がスマホです。

 加えて高いアクセス数を見せた記事の流入先を見ると、LINEニュースなどが大きな影響力を持っていることに気づきます。しかしこうした変化への対応は特に地域観光の分野では大きく遅れており、BtoCでビジネスを行う企業を含めて早期に適切な対処が求められるところです。

 また、インスタなど、SNS映えが地域観光のブレイクやヒット商品を生むことにつながるトレンドも続いています。

 SNS映えする観光情報を発信するスナップレイス社が発表した「2017年のSNS映えスポットランキング」は、同社SNS映えの基準に従って抽出した全国約6,000スポットを対象にしたもので、インスタグラムのほか、ツイッターなど16種のSNS別にその特性やメディア活用法の分析は興味深いところです。

【出典: スナップレイス】
17種類SNS映え:https://snaplace.jp/varioussnsbae/
SNS映えランキング:https://snaplace.jp/2016snsbaeranking/


《水津陽子》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  5. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  6. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. ~インバウンド向けホステル浸透中!:4~プリンスホテルのおもてなしは、どこが違う?

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

アクセスランキングをもっと見る

page top