DIC、マレーシアにコンパウンド製品の技術センター開設 画像 DIC、マレーシアにコンパウンド製品の技術センター開設

海外進出

【マレーシア】DIC(東京都中央区)は12日、東南アジアや南アジアの市場に適したコンパウンド製品の開発改良などを手がける「ソリッドコンパウンド技術センター・アジアパシフィック」をマレーシアに開設し、本格稼働したと発表した。

 コンパウンド製品を生産するマレーシア子会社DICコンパウンド(マレーシア)にエンジニアリングプラスチックに対応した射出成型機や物性評価用の設備を導入した。耐熱性、耐薬品性に優れ、自動車のエンジン周辺部材などに使用されるPPS(ポリフェニレンサルファイド)コンパウンド、日用品や食品向け包装資材などに幅広く利用される樹脂用着色剤などの製品開発、改良などに取り組む。

 DICのコンパウンド関係の技術拠点は日本、中国、欧州に続く4拠点目。

DIC、マレーシアにコンパウンド製品の技術センター

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  4. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  5. ホンダ・マレーシア、年明けから一部モデル値上げ…通貨下落影響

  6. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  7. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  8. 大手建設コンサル、海外市場開拓へ攻勢/相次ぎ拠点整備、現地M&Aにも本腰

  9. “新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる

  10. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

アクセスランキングをもっと見る

page top