節分に向けて「恵方巻き」商戦本格化/今年は少量タイプが充実 画像 節分に向けて「恵方巻き」商戦本格化/今年は少量タイプが充実

制度・ビジネスチャンス

 2月3日の節分に向けて「恵方巻き」商戦が本格化している。大手コンビニエンスストアやスーパーは、少人数家族の増加を意識して少量タイプの商品を充実させる。単価やボリュームを抑えることで、他の総菜や汁物商品の合わせ買いを狙う。玩具メーカーも食べ切りサイズを手軽に作れる商品を売り込むなど、市場を盛り上げる。

 セブン―イレブン・ジャパンは少量タイプ商品を充実させる。厚焼き玉子やシイタケなどを入れた「福を呼ぶ七品目の恵方巻」(220円)など6種類の恵方巻きを、長さ約8センチのミニサイズで提供する。「大きいサイズだと食べきれないこともある」と同社。恵方巻きのボリュームや価格を抑えることで、けんちんそばやイワシのしょうが煮など、総菜商品との合わせ買いを提案する。

 大手スーパーのイオンリテールも、長さを通常の半分にカットした約9センチの少量サイズで売る。本マグロを使ったものや、有名すし店が監修した恵方巻きを組み合わせたセット商品など11種類を用意する。「食べ比べをしたいという声を受けた」と同社。少人数世帯にも対応する。

 玩具メーカーも参入する。バンダイは、手軽に恵方巻きを作れる玩具商品「くるりんまっきー」(4200円・税別)を先月27日に発売した。本体にのりと米、具材を乗せて、ハンドルを回すだけで仕上がる。太さを直径1センチ、3センチ、5センチと食べたいサイズに調整できる。日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」監修で、同商品を使ったレシピが付く。同社は「節分や、写真映えするお 弁当作りにも役立ててほしい」と提案する。

 恵方巻きは節分の時期に1年の無病息災を祈って食べる。今年の恵方は南南東。

「恵方巻き」商戦本格化 今年は少量タイプが充実 玩具メーカーも参戦

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

    桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  3. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  4. インドネシアは第8位の出資額――AIIB設立協定書に署名

  5. 市光工業、カスタマーパーツセールス課事業売却へ

  6. 民間工事、円滑協議。消費者視点の紛争解決へ

  7. 知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

  8. ソーシャルビジネスの資金調達、中小企業庁が手引き公開

  9. 海外建設協会会員の15年度上期受注額、前年同期比11・1%減

  10. JSC、ザハ案ベースの見直しでない場合は施工予定者も再選定の可能性示唆

アクセスランキングをもっと見る

page top