移動するだけがカーシェアじゃない! 新しいクルマの使い方/意識調査 画像 移動するだけがカーシェアじゃない! 新しいクルマの使い方/意識調査

制度・ビジネスチャンス

『dカーシェア』を展開するNTTドコモは、「カーシェア時代におけるクルマの使い方」をテーマに、首都圏在住の20歳から69歳までのカーシェア利用経験者・カーシェア利用未経験者、それぞれ男女400名を対象にした意識調査を実施し、その結果を発表した。

はじめに、「カーシェアを(今後も)移動以外の目的で使用してみたいと思いますか」という質問に対して、約40%以上が使用してみたいと回答、さらに、10%以上の人は実際に使用していると回答した。

さらに、移動以外での利用用途の質問では、《実際に利用したことがある用途》、《利用してみたい用途》ともに1位は「仮眠」となった。また、《実際に利用したことがある用途》では、次いで「友人・家族との電話」「仕事上の電話」となっており、《利用してみたい用途》では、次いで「音楽鑑賞・オーディオルーム」「カラオケ」となった。また、その他自由回答として「授乳」など、ユニークな使い方をしている利用者もいることがわかった。

また、カーシェアの利用時間の調査では、平均利用時間は「203分」となった一方、最短は「12分」、最長は「1000分」と利用者によってかなりのばらつきがあることがわかった。また、1時間以内が2割、3時間以内が6割と、短時間利用の傾向があり、中でも1時間以内の利用者が2割以上もいるのはレンタカーとの大きな違いといえるかもしれない。

次に、「あなたは、休日や趣味に関して充実していると感じますか。」という質問に対して、カーシェア利用者とカーシェア非利用者では休日や趣味の充実度に違いがあり、「とても感じている」「やや感じている」の合計の両者の差は10%以上と、カーシェア利用者の方が充実しているという結果となった。

最後に、カーシェア未経験者にカーシェアを利用しない理由を調査した結果、「公共交通機関で充分だから」「月額の基本料金がかかる」「使い方がよくわからない」という回答が上位を占めた。 中でも「月額の基本料金がかかる」
「使い方がよくわからない」という回答からは現状のカーシェアサービスへの不満が感じ取れる結果となった。

移動するだけがカーシェアじゃない! 新しいクルマの使い方…意識調査

《平川 亮》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  2. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

    政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  3. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  4. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  5. ジビエは高級肉!京都の百貨店で常設販売/イノシシ400グラム4968円

  6. 環境省、18年の熱中症対策を本格始動/明日(4月20日)から暑さ指数情報提供

  7. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. 空調大手4社/17年4~9月期決算/全社が増収営業増益、ビル空調受注が減少傾向

  10. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

アクセスランキングをもっと見る

page top