「糸引き納豆の日」(1月10日)イベント開催、吉田沙保里選手がゲストに登場! 画像 「糸引き納豆の日」(1月10日)イベント開催、吉田沙保里選手がゲストに登場!

制度・ビジネスチャンス

 全国納豆協同組合連合会(納豆連)は10日、「糸引き納豆の日」(1月10日)に合わせたイベントを、東京都内で開いた。女子レスリング世界大会16連覇の記録を持つ吉田沙保里選手がゲストに登場。納豆を体づくりや健康維持に役立ててきた自身の経験から、「将来を担う若手アスリートにも食べてほしい」と消費拡大を呼び掛けた。

 イベントは納豆連の主催で、今年で2回目。栄養価が高く、粘り強く糸を引く納豆を食べて、スポーツ競技で勝負強くなろうと提案する。

 会場の筑波大学東京キャンパス文京校には、大学生のスポーツ競技者ら約200人が参加。東京五輪・パラリンピックで若手選手の活躍を期待し、機能性やおいしさをアピールした。吉田選手は「レスリングは最後の最後まで勝負がつかないスポーツ。(納豆のように)粘り強さが大切」と盛り上げた。

 納豆の原料大豆の国産割合は3割。納豆の消費量が伸びており、国産の使用量も増えている。納豆連の野呂剛弘会長は、「糸引き納豆は日本の食文化の一つとして世界に誇れる食品。記念日をきっかけに、若い人にも魅力を伝えたい」と話した。

体づくり、健康維持に 粘り強さ大切 選手にはぜひ 納豆連

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

    桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  3. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  4. JSC、ザハ案ベースの見直しでない場合は施工予定者も再選定の可能性示唆

  5. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  6. 本日の新聞から:過剰生産・内需縮小、成長率7%割れで顕在化するチャイナリスク

  7. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  8. カナダ年金基金投資委員会がマレーシアの不動産ビジネスに進出、高級市街地開発に投資

  9. 自治体の工事発注平準化の先進事例『さしすせそ』

  10. 【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

アクセスランキングをもっと見る

page top