軽二輪車新車販売、21.9%増の5万6581台で4年ぶりプラス 2017年 画像 軽二輪車新車販売、21.9%増の5万6581台で4年ぶりプラス 2017年

制度・ビジネスチャンス

全国軽自動車協会連合会は1月5日、2017年12月および2017年(1~12月)の軽二輪車新車販売台数(速報)を発表した。

●ホンダが3か月連続トップ、CBR好調 12月

12月の軽二輪車新車販売台数は、前年同月比1.9%減の2963台で9か月ぶりのマイナスとなった。

ホンダは新型『CBR250RR』などが好調で、同29.2%増の1120台で、3か月連続のトップ。一方ヤマハは同36.6%減の761台と、前年同月実績を大きく下回った。

スズキは新型ロードスポーツ『ジクサー』『GSX250R』などの投入効果もあり、同75.5%増の495台、4位カワサキは同20.8%減の343台だった。

輸入車などのその他は同3.0%増の244台だった。

●シェアトップはヤマハ、7.4%増の2万0162台 2017年

2017年の軽二輪車新車販売台数は、前年比21.9%増の5万6581台となり、4年ぶりのプラス。2009年以降では最多を記録した

シェアトップのヤマハは同7.4%増の2万0162台。2位ホンダも同53.3%増の1万8758台と好調だった。スズキは同68.5%増の7652台、カワサキが同11.8%減の7118台。輸入車などのその他は同2.8%増の2891台だった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

    東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  2. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

    若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  3. お金をかけなければ、知恵が生まれる

    お金をかけなければ、知恵が生まれる

  4. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  5. 中小企業経営者にとって自宅は「賃貸」か?「購入」か?

  6. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  7. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  8. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  9. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  10. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

アクセスランキングをもっと見る

page top