民間が整備費用を負担する、施設直結スマートインターチェンジを初認定/三重県多気町 画像 民間が整備費用を負担する、施設直結スマートインターチェンジを初認定/三重県多気町

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、民間企業の発意と負担により整備する民間施設直結スマートインターチェンジを初めて認定した。

国土交通省では、未来投資戦略2017を踏まえ、高速道路近隣に位置する大規模な物流拠点や工業団地、商業施設の民間施設を直結するインターチェンジを民間企業の発意と負担で整備する制度について今年7月に具体的なルールを定め、募集を開始した。

国土交通省では今回、三重県多気町から申請のあった民間施設直結スマートインターチェンジの整備方針を全国で初めて認定した。今後、多気町と三重故郷創生プロジェクトが事業化に向けた詳細な検討に着手する。

民間が整備費用を負担する、施設直結スマートインターチェンジを初認定…三重県多気町

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

    東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  2. お金をかけなければ、知恵が生まれる

    お金をかけなければ、知恵が生まれる

  3. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

    若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  4. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  5. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  6. 中小企業経営者にとって自宅は「賃貸」か?「購入」か?

  7. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  10. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

アクセスランキングをもっと見る

page top