~年頭所感~地図の利用価値創造を/ゼンリン高山社長 画像 ~年頭所感~地図の利用価値創造を/ゼンリン高山社長

制度・ビジネスチャンス

ゼンリンの高山善司代表取締役社長(※)は2018年年頭所感で、中長期経営計画「ZENRIN GROWTH PLAN 2020」のテーマである『日本の地図をすべてゼンリン基盤へ』の実現に向け、ゼンリングループ一丸となって取り組む、と述べた。 ※ははしご高。

ニーズに対応したサービスの提供にとどまらず、地図情報の新たな利用価値創造を目指すという。4月にはゼンリングループは創業70周年を迎え、変革を続けながら成長する企業を目指す。

中長期経営計画「ZENRIN GROWTH PLAN 2020」の2年目となる前期(2017年3月期)は、 GIS(地理情報システム)事業、 ITS(高度交通システム)事業が堅調に推移した。業績および各施策においてはおおむね予定どおりに進捗し、2期連続増収増益となり、売上高は過去最高を計上した。

今期(2018年3月期)は既存事業での収益拡大を図っている。GIS事業においては、新規市場開拓のため業務・業種に特化した「ZENRIN GISパッケージ」の開発に取り組み、ストック型の安定的な売上を構築している。

2017年9月には大東マーケティングソリューションズを子会社化し、マーケティングリサーチから販促プランニング、販促メディア制作、メディア展開・運用、効果測定・フィードバックまでをワンストップで提供するマーケティングソリューションの実現を目指している。

さらに、 ADAS(先進運転支援システム)における「高精度地図データベース」の開発や、ドローン用の「空の3次元地図」の開発など、 IoT時代の新たなサービスの実現に向け、新規事業における技術と収益基盤の確立を推進している。

地図の利用価値創造を…ゼンリン高山社長【年頭所感】

《高木啓》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

    東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  2. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

    若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  3. お金をかけなければ、知恵が生まれる

    お金をかけなければ、知恵が生まれる

  4. 中小企業経営者にとって自宅は「賃貸」か?「購入」か?

  5. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  6. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  7. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  8. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  9. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  10. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

アクセスランキングをもっと見る

page top