サンコーから糖質カット炊飯器が発売/「ダイエットや健康志向で注目 画像 サンコーから糖質カット炊飯器が発売/「ダイエットや健康志向で注目

制度・ビジネスチャンス

 家電製品などの企画開発を手掛けるサンコー(東京都千代田区)は、糖質を3割減らしたご飯が炊ける炊飯器を開発し、15日から予約受け付けを始める。ダイエットや健康志向で糖質を制限する消費者が、ご飯の盛り付け量を減らさずに済むように考案。発売前から注目を集めている。

 文科省の日本食品標準成分表によると、ご飯100グラム当たりの糖質は36・8グラム。同社が民間調査機関で調べたところ、この炊飯器で炊くと33%(12グラム)減らせる。

 「煮る」「蒸す」の炊飯の2工程で使う水を分けて糖質を減らす仕組みだ。米は煮る時に糖質成分が溶け出すため、そのままの煮汁で蒸すと糖質成分が残る。煮汁を排出して別の水で炊き上げ、糖質成分を削減する。

 といだ米と水をセットし、通常の炊飯器と同様の手順で炊く。炊飯時間も約40分と、一般的な炊飯器と変わらない。

 近年、ご飯などの摂取量を減らす炭水化物抜きダイエットが注目され、「米は太りそう」というイメージを持つ消費者も一部いる。同社は「健康に気を使っている人も、気兼ねなくご飯を食べてほしい」と期待する。

 発売は1月中を予定。同社が専用ホームページ(HP)を開設すると、SNSなどで反響を呼んでいる。通販や家電量販店などで販売。年間3万台の売り上げを目指す。

糖質カット炊飯器 開発 「煮る」「蒸す」 水使い分け サンコー

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  2. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  3. 柿、梨、キウイフルーツ、手で簡単にむける技術成功/加工作業利用や家庭消費の拡大へ

    柿、梨、キウイフルーツ、手で簡単にむける技術成功/加工作業利用や家庭消費の拡大へ

  4. 大規模建築物の1割が震度6強以上で倒壊の危険性/国交省、25年までに耐震化めざす

  5. 全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ

  6. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  7. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  8. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  9. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  10. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

アクセスランキングをもっと見る

page top