農家の「手作りお節」で迎春はいかが?/JAはだの、直売所の主力商品に 画像 農家の「手作りお節」で迎春はいかが?/JAはだの、直売所の主力商品に

制度・ビジネスチャンス

 JAはだの農産物直売所「はだのじばさんず」で、農家の手掛けるお節料理が人気を集めている。28日から30日まで開く「年忘れ年末市」に合わせ、農家は地場産農産物を使った加工品の製造に励む。

 同店では、9人の加工品出荷者が15種類のお節を販売。添加物を使わず安全・安心な手作りとあって来店者数は倍増し、売り上げも大幅に上がる。特設コーナーには黒豆煮やなますが並び、それぞれを盛り付けてお重を楽しむ購入者もいる。

 秦野市平沢の野菜農家、草山美重子さん(74)もお節の加工品を手掛ける一人。普段は梅干しやまんじゅうを出荷しているが、この時期限定で栗きんとんやだて巻きなど、家族総出で4品を400パック以上手作りする。

 素材を生かすため薄味にこだわり、サツマイモなどは料理に合った品種を栽培する。栗きんとんは甘味が強い品種を使い、少量の砂糖とみりんを加えるだけ。上品な味に仕上がっている。草山さんは「食べる人の笑顔を思い浮かべて、野菜作りも調理も頑張りたい」と意欲を見せる。

 同店の安居院賢治店長は「農家手作りのお節はこの時期の主力商品。地場産の農産物で作る昔ながらの味を堪能し、良い年を迎えてほしい」と笑顔で話す。

農家手作りお節で迎春 神奈川・JAはだの 直売所の主力商品に

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ

    全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ

  2. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

    東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  3. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

    納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  4. 鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

  5. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  6. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

  9. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  10. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

アクセスランキングをもっと見る

page top