幻のもち米「梅三郎」で正月用切り餅/雪に負けず製造最盛、新潟県長岡市 画像 幻のもち米「梅三郎」で正月用切り餅/雪に負けず製造最盛、新潟県長岡市

インバウンド・地域活性

 新潟県長岡市の農事組合法人田代農産で、幻のもち米と呼ばれる「梅三郎」を使った正月用の切り餅の製造がピークを迎えている。社員やパート16人は、今夏の豪雨による土砂崩れや例年に比べて早い降雪の影響で、主要道路を回り道しての通勤となっているが、餅のような粘りで根強いファンに届けようと、12月末までフル操業する。

 「梅三郎」は、山あいにある同市半蔵金集落で栽培されている品種だ。標高400メートルの冷水で育てる。栽培が難しく、収量が少ない欠点があるが、餅にした時の滑らかな舌触りとよく伸びるのが特徴だ。同法人は現在、関東圏に顧客700人を抱える。

 餅製造は11月上旬から始まり、「梅三郎」と一般的なもち米を合わせて一日に540キロを使用する。シーズン全体で400俵(1俵60キロ)に達する。

 地域では、7月の豪雨で県道24号(栃尾山古志線)の全面通行止めが続いている。集落から工場がある同市田代地区までの通勤時間は、通常ならば10分ほど。現在は社員やパートは、魚沼市を通る迂回路を使い、約1時間かけて出勤する。また、降雪が例年に比べて早く、除雪が間に合わないなどの悪影響も出ている。

 それでも法人のメンバーは挽回していきたいと鼻息は荒い。梅沢清一代表は「ここで諦めたら、ファンが『梅三郎』の餅を食べられなくなってしまう。負担は大きいが、変わらぬ品質の餅を作り、希望日に届け喜んでもらえるようにしていきたい」と意気込みを見せた。

「梅三郎」餅 ファンに届け 雪に負けず製造最盛 新潟県長岡市 田代農産

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  2. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  7. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

  8. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

アクセスランキングをもっと見る

page top