タクシー事前確認運賃の実証実験、メーターとの乖離率0.6%/本格導入へ 画像 タクシー事前確認運賃の実証実験、メーターとの乖離率0.6%/本格導入へ

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、タクシー事前確定運賃の実証実験の結果、利用者の約7割が「また利用したい」と回答するなど、好評だったと発表した。今年度中に詳細な分析を行い、それを踏まえて本格導入を目指して制度を設計する。

事前確定運賃は「渋滞や回り道等により運賃が高くなるかもしれない」、「到着するまでメーターを気にしなくてはいけない」という運賃に関する不安をなくし、タクシーを使いやすくするため、実施した。配車アプリを活用してタクシーの利便性の向上を図り、普及促進することでタクシーの空車走行を減らして生産性の向上を図る。

実証実験の結果、事前確定運賃の利用回数は7879回、事前に入力した乗降車地から予測して確定した事前確定運賃の総額とメーター運賃の総額の乖離率は約0.6%で、運賃はほぼ適切に予測されていた。

アンケート調査によると「また利用したい」が67%と回答、最も多かった理由は「値段が決まっていて安心」だった。

また、利用者の特徴では、月1~2回程度タクシー利用が全体の3割だったが、実証実験期間中に4回以上の利用したのが29%だった。特に20代で利用回数が増えた。配車アプリを活用した新しいサービスだけに若年層を中心とした新たな顧客層への遡求に効果があると見ている。

タクシー事前確認運賃の実証実験、メーターとの乖離率0.6%…本格導入へ

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  2. 国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い

    国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い

  3. 中小企業経営者にとって自宅は「賃貸」か?「購入」か?

    中小企業経営者にとって自宅は「賃貸」か?「購入」か?

  4. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  5. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  6. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  7. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.4(最終回)

  8. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  9. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  10. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

アクセスランキングをもっと見る

page top