タクシー事前確認運賃の実証実験、メーターとの乖離率0.6%/本格導入へ 画像 タクシー事前確認運賃の実証実験、メーターとの乖離率0.6%/本格導入へ

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、タクシー事前確定運賃の実証実験の結果、利用者の約7割が「また利用したい」と回答するなど、好評だったと発表した。今年度中に詳細な分析を行い、それを踏まえて本格導入を目指して制度を設計する。

事前確定運賃は「渋滞や回り道等により運賃が高くなるかもしれない」、「到着するまでメーターを気にしなくてはいけない」という運賃に関する不安をなくし、タクシーを使いやすくするため、実施した。配車アプリを活用してタクシーの利便性の向上を図り、普及促進することでタクシーの空車走行を減らして生産性の向上を図る。

実証実験の結果、事前確定運賃の利用回数は7879回、事前に入力した乗降車地から予測して確定した事前確定運賃の総額とメーター運賃の総額の乖離率は約0.6%で、運賃はほぼ適切に予測されていた。

アンケート調査によると「また利用したい」が67%と回答、最も多かった理由は「値段が決まっていて安心」だった。

また、利用者の特徴では、月1~2回程度タクシー利用が全体の3割だったが、実証実験期間中に4回以上の利用したのが29%だった。特に20代で利用回数が増えた。配車アプリを活用した新しいサービスだけに若年層を中心とした新たな顧客層への遡求に効果があると見ている。

タクシー事前確認運賃の実証実験、メーターとの乖離率0.6%…本格導入へ

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ

    全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ

  2. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

    納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  3. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

    東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  4. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  5. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  6. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  7. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

  8. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  9. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  10. 鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

アクセスランキングをもっと見る

page top