スポーツ振興センター/国立代々木競技場第一体育館等耐震改修/清水建設に 画像 スポーツ振興センター/国立代々木競技場第一体育館等耐震改修/清水建設に

制度・ビジネスチャンス

 日本スポーツ振興センター(JSC)は19日、8日に一般競争入札(WTO対象)を開札した「国立代々木競技場耐震改修工事(第一体育館等)」の落札者を68億5000万円で清水建設に決め、18日に契約を結んだと明らかにした。予定価格は68億9700万円。入札には同社だけが参加した。
 2020年東京五輪でハンドボールなどの競技会場として使用する代々木競技場(東京都渋谷区神南2の1の1、敷地約9・1ヘクタール)の第一体育館(RC一部S造地下2階地上2階建て延べ約2万8700平方メートル)と、付属棟(延べ約6500平方メートル)を耐震改修する。工事で使用する主な資機材は、コンクリート3600立方メートル、鉄骨30トン、鉄筋370トン、板ガラス300平方メートル。工期は19年9月30日まで。
 耐震改修の基本計画は川口衞構造設計事務所、基本・実施設計は丹下都市建築設計・久米設計JVが担当した。工事監理は久米設計が担当する。
 代々木競技場は、1964年開催の東京五輪のために建設された。躯体構造につり橋の技術を応用し、第1体育館は2本、第2体育館は1本の主柱から屋根全体をつり下げる高難度の「つり屋根構造」を採用。意匠設計は丹下健三、構造設計は坪井善勝、設備設計は井上宇市が担当。第1体育館は清水建設、第2体育館は大林組がそれぞれ施工した。
 第二体育館の耐震改修工事は、第4四半期(18年1~3月)に公告と入・開札を行う予定だ。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  2. 国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い

    国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い

  3. 中小企業経営者にとって自宅は「賃貸」か?「購入」か?

    中小企業経営者にとって自宅は「賃貸」か?「購入」か?

  4. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  5. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  6. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  7. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  8. 大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

  9. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.4(最終回)

  10. 成功する新業態:02|胡蝶蘭と同価格でインパクトのある花を贈る/Sakaseru

アクセスランキングをもっと見る

page top