スポーツ振興センター/国立代々木競技場第一体育館等耐震改修/清水建設に 画像 スポーツ振興センター/国立代々木競技場第一体育館等耐震改修/清水建設に

制度・ビジネスチャンス

 日本スポーツ振興センター(JSC)は19日、8日に一般競争入札(WTO対象)を開札した「国立代々木競技場耐震改修工事(第一体育館等)」の落札者を68億5000万円で清水建設に決め、18日に契約を結んだと明らかにした。予定価格は68億9700万円。入札には同社だけが参加した。
 2020年東京五輪でハンドボールなどの競技会場として使用する代々木競技場(東京都渋谷区神南2の1の1、敷地約9・1ヘクタール)の第一体育館(RC一部S造地下2階地上2階建て延べ約2万8700平方メートル)と、付属棟(延べ約6500平方メートル)を耐震改修する。工事で使用する主な資機材は、コンクリート3600立方メートル、鉄骨30トン、鉄筋370トン、板ガラス300平方メートル。工期は19年9月30日まで。
 耐震改修の基本計画は川口衞構造設計事務所、基本・実施設計は丹下都市建築設計・久米設計JVが担当した。工事監理は久米設計が担当する。
 代々木競技場は、1964年開催の東京五輪のために建設された。躯体構造につり橋の技術を応用し、第1体育館は2本、第2体育館は1本の主柱から屋根全体をつり下げる高難度の「つり屋根構造」を採用。意匠設計は丹下健三、構造設計は坪井善勝、設備設計は井上宇市が担当。第1体育館は清水建設、第2体育館は大林組がそれぞれ施工した。
 第二体育館の耐震改修工事は、第4四半期(18年1~3月)に公告と入・開札を行う予定だ。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. いま「従業員持株会」が注目されるワケとは?

    いま「従業員持株会」が注目されるワケとは?

  2. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  3. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

    ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  4. 関電工、前橋市にバイオマス発電所完成/群馬県内の未利用間伐材など利用

  5. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  6. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  7. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  8. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  9. マッチングの「全国版空き家・空き地バンク/「農地付き空き家」も検索可能

  10. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

アクセスランキングをもっと見る

page top