ラサール不投資顧問ら、川崎市で国内最大級の物流施設開発着手/延べ30万平米 画像 ラサール不投資顧問ら、川崎市で国内最大級の物流施設開発着手/延べ30万平米

制度・ビジネスチャンス

 ◇19年5月末の完成目指す
 ラサール不動産投資顧問と三菱地所、NIPPOの3社は15日、川崎市で延べ約30万平方メートル規模のマルチテナント型物流施設「ロジポート川崎ベイ」の開発に着手したと発表した。設計監理監修は久米設計、設計・施工は大林組が担当。19年5月末の竣工を目指す。完成すれば、民間開発で国内最大級の物流施設となる。
 ロジポート川崎ベイは3社が共同出資する特定目的会社(SPC)の東扇島プロパティー特定目的会社が開発主体となる。
 建設地は川崎区東扇島7の1ほか(敷地面積13万4832平方メートル)。建物はSRC・S造5階建て延べ29万6799平方メートルの規模。制震構造を採用する。
 ランプウエーを2基備えるほか、顧客の多様なニーズに対応するため高床倉庫(1~4階)と低床倉庫(5階)を用意。冷凍冷蔵設備にも対応可能な仕様とする。BCP(事業継続計画)に配慮し非常用発電設備も備える。
 首都高速道路湾岸線東扇島出入り口から約1・5キロ圏内で川崎港の至近に位置しているため、東京や横浜などの大消費地に加え、広域の輸配送もカバーできる。

ラサール不投資顧問ら/川崎市で国内最大級の物流施設開発着手/延べ30万平米

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  2. 国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い

    国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い

  3. 中小企業経営者にとって自宅は「賃貸」か?「購入」か?

    中小企業経営者にとって自宅は「賃貸」か?「購入」か?

  4. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  5. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  6. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  7. 大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

  8. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.4(最終回)

  9. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  10. 成功する新業態:02|胡蝶蘭と同価格でインパクトのある花を贈る/Sakaseru

アクセスランキングをもっと見る

page top