「冬至」商戦で明暗/ユズ品薄7割高、カボチャは潤沢1割安 画像 「冬至」商戦で明暗/ユズ品薄7割高、カボチャは潤沢1割安

制度・ビジネスチャンス

 冬至(22日)に需要が高まるユズとカボチャの相場が明暗を分けている。12月上旬の日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)をみると、ユズは台風などの影響で入荷が少ないため、過去5年平均より7割高い。一方、カボチャは先行する北海道産が多いことなどが響き、同1割安となった。冬至商戦は来週がピークだが、卸売会社は「カボチャは輸入物も多く、相場は平年をやや下回る」と見通す。

 ユズの12月上旬の日農平均価格は1キロ717円で、過去5年で最高値となった。一方、大手7卸の販売量は34トンと、前年より8割も少ない。主力の高知県園芸連は「裏年に加え、台風による落果があり作柄が悪い」と話す。20日までが出荷ピークだが、注文に対して絶対量が足りず、供給が追い付いていないという。

 一方、カボチャは1キロ157円と、過去5年で2番目に安い水準となった。卸売会社は「昨年不作だった北海道産が今年は豊作で、貯蔵物の出回りが多い」と話す。12月上旬の販売量は740トンで、平年より1割多かった。

 冬至商戦ピークとなる来週には、後続の鹿児島産が主体となる見通し。JA鹿児島県経済連は「10月の長雨や台風で生育が鈍く、小玉傾向で出荷は伸び悩む」と話す。一方、北海道産は潤沢な出回りとなりそうで、卸売会社は「全体量が多く、荷動きは鈍く推移する」とみる。

 加えて、輸入物も増えそうだ。輸入商社は「主力のメキシコ産の作柄が回復しており、11、12月の輸入量は前年を上回る」と見通す。 

 東京都内のスーパーは、ユズの品薄を受け、冬至はカボチャを主体に売り場をつくるという。「カボチャはダイスカットや4分の1カット、真空パックの加熱済み商材など消費者の利便性に合わせ品ぞろえする」と説明する。

 別のスーパーは高知、徳島産のユズを1個売りと風呂用に販売する予定だが、「集荷が厳しく、販売価格が決まらない」と苦慮する。

「冬至」商戦 ユズ品薄 7割高 カボチャは潤沢 1割安

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

    東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  2. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

  3. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

    築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  4. ソバで耕作放棄地解消や特産づくり/加工、販売で運営が成立

  5. 【東京五輪でビジネスに勝つ】製造技術アピール、動くのは今

  6. 新潟市、くじ引きによる落札者、入札工事の67.7%に

  7. どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. 空調大手4社/17年4~9月期決算/全社が増収営業増益、ビル空調受注が減少傾向

  10. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

アクセスランキングをもっと見る

page top