中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認 画像 中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

IT業務効率

 中部地方整備局港湾空港部と名古屋港湾空港技術調査事務所、清水港湾事務所は6日、静岡県の清水港日の出ふ頭で、ドローン(小型無人機)による港湾施設の被災状況調査試験を実施した。岸壁上に模擬的に設けたひび割れや段差などを上空から把握できるか同部として初めて実証試験したもので、一定の成果を確認することができた。
 南海トラフ巨大地震が発生すれば港湾施設も大きな被害を受ける。港湾機能を早急に復旧するためには被災状況の確認が必要だが、東日本大震災では津波警報などが継続的に出され2日間は岸壁に近付くことができなかった。
 このため、ドローンを用いて現地調査を迅速、的確に行えるか検証した。
 ひび割れは、アスファルト舗装とコンクリート舗装を想定し、白と黒の板に幅3ミリ~10センチの6パターンの線を引いたものを用意。地震による構造物のずれや段差は、ブロックを用い模擬的に設置した。これを、10~100メートル上空からドローンで撮影し視認性などを調査。ひび割れなどを確認することができたとしており、今後も実用性の高い技術の開発・導入を推進する。

中部整備局/ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  2. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

    ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  3. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  4. 西日本高速会社が半断面床版取替工法を試験施工。高速道路では初

  5. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  6. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

  7. ~定額制ビジネスに勝算あり:3~少子化の今こそ子どもにフォーカス!

  8. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】軽減税率でPOSの導入が必須に? 知っておきたいPOSレジシステム最新事情!

  9. 中小・地方・成長企業のネットによる販路開拓を支援、ネッパン協議会が本格稼働

  10. 3Dプリンターが物流を変える!?

アクセスランキングをもっと見る

page top